2021年2月25日木曜日

フェブラリーステークス回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • (まずまずの前半から→)道中がかなり締まった展開。
  • 高い持久力&持続力が問われた。

フェブラリーS結果

カフェファラオ1.34.4 35.6 03-03
エアスピネル1.34.5 35.2 10-09
ワンダーリーデル1.34.8 35.7 07-04
レッドルゼル1.34.9 35.5 10-11
エアアルマス1.35.1 36.6 02-02
インティ1.35.1 35.5 13-13

天候:晴 ダート:良
上り4F:47.9 3F:35.9
前半4F:46.5
12.5-10.8-11.4-11.8-12.0-11.9-11.9-12.1



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半は平均に近い流れだったが、道中がかなり締まった
展開で、そのまま勝負所に突入して→最後まであまり落ちない形。

今回の特徴は、やはり道中の速さ。
平均自体が元々それなりに速い扱いなので、前半もそれなりには流れているが、
その中での、全く息の入らない展開。

淀みのない流れを追走しつつ→上がりも落としてはいけない…というところで、
適性的には高い持久力&持続力が必要になった。

脚質的には、掲示板に載った馬ということで言えば、前後は一応満遍なく来て
いるイメージ。
ただし左右に関しては、(平均ペースからの→)コーナー部分が締まった展開
というところで、ハッキリと内を通った馬が有利に。外の馬は難しくなった。

この先に向けては、今回は好時計でもあるし、個人的な指数も高く出ていて、
とりあえず上位の力は素直に信頼できそう。
それと同時に、(レベルの高さから)着が悪くても相手弱化で見直せる可能性は
十分あるし、特に外を回して負けた馬の巻き返しには注目しておきたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

カフェファラオ
好位インから、前半~道中を一定に近い(高い)水準で進め→上がりもほとんど
落とさずに押し通しての勝利。高い(持久力&)持続力を示した。
内容的には、距離短縮しても激しく強い競馬をしそうな雰囲気だし、短いところ
でも1度見てみたい気はするが、ユニコーンSからの大成長&今回の危なげない
競馬からは、将来完成されて、リラックスした状態で速いラップを刻めるように
なれば、中距離でもこれが出来るかも…という気にはなった。
(そのためには[前言撤回]ヘタに短縮しない方がいいのかも知れないが…)
その先には海外のレースも見えてくるだろうし、当然大注目しておきたい。

エアスピネル
中団のインから、道中~勝負所は(結果的に…も含めて)じっくりと進めつつ
→最後しっかりと迫っての2着。
これまでのダートでの好走は、引っ張られる展開の中、自身も前傾の内容で、
後半(脚を使うというよりかは)なだれ込む形だったが、今回は道中~上がり
という脚の使い方。ダートに慣れて(ダート仕様になって)、しっかりと脚を
残せるようになったイメージで、パフォーマンス的にも大前進してきた。
年齢的なことはともかく、これからが面白い…という雰囲気ではある。

ワンダーリーデル
中団前寄りのインから進めて、レースを通して平均的に脚を使う形での3着。
まずはこの馬があのポジションにいた…というところで、横山典Jの好騎乗に
よる部分は大きい訳だが、馬自身も流れに乗れるだけの準備ができていた。
他は新興勢力(と言っていいか分からない馬もいるが)で、今回大きく前進を
示した扱いだが、この馬は元々の高いパフォーマンスを改めて発揮という形。
その点で、今後さらなる前進とはならないかも知れないが、まだまだ元気。
引き続きしっかりと注目していきたい。

レッドルゼル
中団やや後ろから、直線、馬場の中ほどをジワジワ浮上しての4着。
勝負所で変化がつかない形…という部分で、適性的にはこの馬に向いた印象では
あるが、他の上位馬と比べれば1つ外を回してきた格好だし、それを考えれば、
着差程の差はない…という扱いになる。その実力は当然認めておきたいところ。
パフォーマンス的にも前進。この先も短い所ではしっかり注目していきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事