2021年2月3日水曜日

シルクロードステークス@中京回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • スタート直後が速く、その後は徐々に減速していく(&淡々とした)展開。
  • 一定の持久力&持続力が問われた。

シルクロードS結果

シヴァージ1.08.3 33.6 10-09
ライトオンキュー1.08.5 34.1 05-04
ラウダシオン1.08.5 34.2 04-04
リバティハイツ1.08.6 33.9 08-09
セイウンコウセイ1.08.8 34.8 03-03

天候:晴 芝:良
上り4F:45.8 3F:34.6
前半3F:33.7
12.1-10.4-11.2-11.3-11.6-11.7



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、スタート直後が速くなり、その後は徐々に減速していく
展開だが、最後は極端には落ち込まないで、ある程度のスピードを維持したまま
ゴールを迎える形。

今回の場合、前3Fで言えば33.7秒と、ミドルペースくらいの扱いだが、スタート
直後はしっかり脚を使う形になっていて、やはり一定の持久力は問われた。

その後は減速して行く展開ながら、少し淡々としたイメージの流れで、最後まで
ある程度スピードを保つ展開。一定以上の水準に"居続ける"ことが必要になって、
適性的には持続力を備えていることが重要になった。

脚質的には、ある程度好位~差しといったところで、シヴァージの位置取りでも
1.1秒の後傾の内容。それよりも後ろからではサボり過ぎ…の印象にはなった。

今回は、指数自体はそこまで高くは出ていないが(馬群全体が大回りというのも
ある)、変則開催の恩恵もあり、同じシーズンの同じ舞台での前哨戦。
適性面では間違いのないところだし、本番につながる可能性は当然あるはず。
それぞれの他のレースでの裏付けも加味しつつ、当然注目はしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

シヴァージ
スタート直後に少し促しつつ→中団のやや後ろにつけて、そこから勝負所までは
じっくり、直線しっかりとした決め手を発揮しての勝利。
外を回す形ではあったが、普段のこの馬からすればポジションを取ったことで、
(特にコーナーでの)無駄な動きが一切なくなり、真っ直ぐに脚を使った内容。
福永Jの好騎乗だった。
本番でも、やはり馬場(&展開)には左右されそうだが、あと1週使いつつ→
この時期の1ヶ月で全回復は無理そうだし、はまる可能性は十分。
馬自身、パフォーマンス的な裏付けは元々あるし、当然注目はしておきたい。

ライトオンキュー
ある程度好位の内寄りから、ロスなく回ってきた内容。最後は交わされたが、
斤量を背負う立場ながら、直線一旦はしっかり先頭に立っていたし、その力は
当然認められる。
今回の自身の前後半が34.4-34.1。この手のイーブンペースでまとめられる
形でこそ、高いパフォーマンスを発揮できる…というタイプではあり、方向性
としては、はっきりと中山よりも中京という雰囲気。
本番でも、ペース(に対する位置取り)次第だが、浮上の可能性はありそう。

ラウダシオン
ある程度好位から進めつつ、自身ほぼイーブンでまとめての3着。
G1馬というところで、明け4歳馬ながら勝ち馬よりも1kg斤量を背負っていた
訳だし、その持続力は当然認めておきたいところ。
スピード水準的に、これ以上の(例えば自身33秒台での)追走になってどうか?
というのはあるが(未知という意味で)、とりあえずこのレベルの6Fに、実際に
しっかり対応できたことは大きな収穫。ここを経験しつつ、もう1つ味が出せる
ようなら、本番でも面白いのかも。候補としては考えたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事