2021年11月19日金曜日

エリザベス女王杯@阪神回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 前半がかなり速くなり、その後も大きくは緩まず、上がりが掛かった。
  • 高い持久力&持続力が問われた。

エリザベス女王杯結果

アカイイト2.12.1 35.7 13-13-13-07
ステラリア2.12.4 36.1 07-08-08-09
クラヴェル2.12.5 36.1 14-14-13-12
ソフトフルート2.12.5 36.0 15-15-15-12
イズジョーノキセキ2.12.5 36.5 07-07-05-07
レイパパレ2.12.6 36.9 04-04-03-02
アカイトリノムスメ2.12.6 36.7 05-04-05-03

天候:晴 芝:良
上り4F:48.7 3F:36.5
前半1000m:59.0
12.2-10.7-11.2-12.5-12.4-12.3-12.1-12.2-12.2-11.8-12.5



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半がかなり速くなり、その後の道中は淡々と&淀み
なく流れて(馬場を考えれば水準は低くない)、勝負所で一応1つ加速は示した
ものの、上がりが掛かった形。

とにかく今回の特徴は、前半の速さ。
馬場が速かった昨年などと比べると分かりづらいが、ある程度時計が掛かって
いた状況を考えれば、やはり厳しい入り方をした格好。

実際、前3F:34.1秒という数字は、宝塚記念でもそれを超えたのは過去2回しか
ないし、そこで引っ張られたことで、当然高い持久力が必要となった。

また道中以降に関しては、一見すると落ちついて流れているようにも感じるが、
実際には「宝塚記念」の平均と同じ程度の水準。スタートで極端に力を使って
からの→12秒台前半のラップというのは、ジワジワ&相当に脚にきたはずだし、
そのまま勝負所に突入…という部分で、持続力も厳しく問われるレースだった。

脚質的には、この展開なので、特にスタート直後に脚を使った前の馬は難しく
なって、ハッキリと差し馬が優勢に。その中でもロスなく進めたり、少しでも
仕掛けを遅らせた馬が最後は浮上したイメージ。

この先に向けては、後方から好走した馬に関しても、前半で十分に引っ張られ、
受け流す…というまでの競馬にはなっていないため、一定の地力は認めておき
たいし、活躍に期待はしておきたい。

あとは何と言っても、前から負けた(特に粘りを見せた)馬の巻き返しには、
しっかりと注目しておきたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アカイイト
後方外から、後半もタイミングを見極めつつじっくり→ラスト3F手前辺りから
一気に捲って、直線も早めに捕まえに行きつつ、最後まで踏ん張っての勝利。
展開的にはやはりハマったが、自身も道中をかなり高い水準で進めた扱いだし、
しっかり勝ちに行っての→一応完勝という形。その地力は認めておきたい。
この先の興味は、速い馬場での総合力勝負などでどこまで出来るか?といった
ところだが、とりあえずはグランプリ型の舞台&展開では、当然しっかりと注目
していきたい存在。

ステラリア
道中~勝負所で無理して追い掛けなかった…というのはあるが、前半である程度
脚を使うポジションから→上がりをまとめての2着。
元々引っ張られる展開で良さを見せていたタイプではあるが、改めて地力勝負
での強さを示した格好。
とにかく今回は、勝ち馬も含めてキズナ産駒が適性を示した…という結果だが、
パワー&持続という方向性では、この先も当然注目しておきたいところ。

レイパパレ
今回は実質的に、前半~道中を大阪杯の時と同じくらいの水準で進めた格好。
ここは1F長い舞台だし、上がりを落としたことは当然と言えば当然。
それでも最後に挙って交わされるまでは、しっかりと粘りを見せていた訳だし、
負けはしたものの、むしろ地力は十分に示した扱い。
次は香港カップとのこと。メンバーは分からないが、今回と比べれば前半を相当
楽に入れるだろうし、壮絶な2200mからの→距離短縮という臨戦過程。
普通に前進要素しかないように思える。
もちろん他にも注目したい馬はいるが、応援しておきたい。

アカイトリノムスメ
この馬の場合、(馬場を考えれば)実質的に桜花賞の時と同等くらいの入り方。
それで後半を持たせよう…というのは無理があるし、この結果は仕方がない。
7着とは言っても、2着からは大きな差はなく、むしろ地力を示したとも言える
くらいだし、シンプルに来春、巻き返す姿に期待しておきたいところ。

ウインマリリン
さすがに負け過ぎで、結局のところ状態がどうだったのか?というのはあるが、
(経歴の中で飛び抜けて速く→大敗した)秋華賞を上回る過去最速の入り方を
した格好。スタートで押してまでポジションを取りに行った時点で、既にこの
馬の"型"は崩れていた。仕方がない。
さすがに次は来春だろうか…。しっかりと休んでからの→巻き返しに期待。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事