2022年9月24日土曜日

ローズステークス@中京回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 締まった流れから→後半は徐々に加速していく展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

ローズS結果

アートハウス1.58.5 34.2 04-04-05-03
サリエラ1.58.6 33.7 09-09-11-10
エグランタイン1.58.6 33.9 08-08-08-08
ラリュエル1.58.8 34.7 02-02-02-02
メモリーレゾン1.59.0 34.5 07-06-06-06

天候:曇 芝:良
上り4F:46.3 3F:34.5
前後半1000m:60.2-58.3
12.5-10.9-12.3-12.3-12.2-12.0-11.8-11.5-11.3-11.7



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半からまずまずの入り方をして、道中も淀みのない
展開。そこから後半は勝負所に向けて徐々に加速していきつつ→最後まであまり
落とさない形。

今回の特徴は、全体として高い水準に"居続けた"こと。
時計は出る状態だったので、ラップの見た目通りに受け取ることは出来ないが、
締まった流れの中で、やはり持久力&持続力がしっかりと問われたはず。

脚質的には、好位の馬に控えた馬が食い込んだ…という構図。
道中でしっかりと溜めを入れられなかった分、粘ることにも&浮上することにも
難しさがあって、結局は地力が反映された印象にはなる。

本番に向けては、(一昨年と比較すると)道中水準の高かった昨年がある程度
つながっていることから、今年もその可能性は十分にあっても良さそうだし、
とりあえずは上位の力を認めつつ、それらの活躍に期待しておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アートハウス
ある程度流れに乗りつつ、前半~道中を一定に近い水準で進めて、上がりでも
しっかりと持続させての押し切り。単純に強い競馬だった。
(個人的に懸念していた)前半から脚を使う…という部分でも、この距離で&
この程度の(無理をしない)水準ならば問題ないことを示したし、内容的には
本番にも十分つながって良さそう。
速い流れよりも、締まった流れ…というタイプ的には、はっきりとした前傾の
展開になった場合のリスクは結局あるが、当然注目はしておきたい。

サリエラ
前半は控えたが、道中を高い水準で進めつつ→上がりをしっかりとまとめての
2着。パフォーマンスを大きく更新してきた格好だし、直線ではゴール前まで
脚を伸ばしていて、改めて持続力の高さを示した。
阪神2000mは、速くなりがちの3~4コーナーで脚を使わないで済む…という
点で、ある程度は流れに乗った方がいいイメージなので、本番はピッタリとは
ならないかも知れないが、この馬の場合はもう1つ距離を延ばしても良さそうな
雰囲気だし、その先も含めて、長い目で注目していきたい感覚にはなる。

エグランタイン
じっくりと進めつつ、道中~上がりという脚の使い方をして、しっかりと浮上
しての3着。改めて(持久力&)持続力を示した。
この馬の場合は、前半からもっと脚を使う形でも走れているように、自在性が
あるし、展開に対する位置取りがハマれば、本番でパフォーマンス的に前進を
示す可能性はある。
鞍上がどのような競馬をするのか?も含めて、やはり注目したい1頭ではある。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。