2022年9月16日金曜日

京成杯オータムハンデキャップ回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 前半~道中がゆったり流れての→上がり勝負。
  • 切れ&持続力が問われた。

京成杯AH結果

ファルコニア1.33.6 34.2 02-03-02
ミッキーブリランテ1.33.6 34.4 08-01-01
クリノプレミアム1.33.7 34.1 02-04-04
ミスニューヨーク1.33.7 34.0 05-06-05
ベレヌス1.33.8 34.5 01-02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:46.1 3F:34.4
前半4F:47.5
12.7-11.4-11.4-12.0-11.7-11.3-11.3-11.8



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ゆったりとした流れから、道中も一旦大きく緩んだ
展開。そこから勝負所で徐々に&しっかりと加速しつつ→上がりが速くなった。

今回はとにかく、1秒を超える後傾戦。落ち着くにしても、あまりにも…という
展開になり、もはや例年とは全く別レースの様相。
適性的には、切れ(!)&持続力のバランスといったところ。

脚質的には、前半で動いた馬も含めて、さすがに好位の馬が優勢に。
前の馬と後ろの馬の上がりタイムがほとんど変わらない…という結果になって
いるし、周って来ただけ…になった馬もいた可能性がある。

その点でもこの先に向けては、上位の(先行力なども含めての)性能面は認め
つつ、位置取り的な部分での巻き返しは気にしておきたいところ。
それぞれの挙動をチェックして、上げ下げを考えたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ファルコニア
展開的には切れと持続力を併せ持つこの馬の適性にピッタリとハマったイメージ
だが、好位から前を眺めつつ、正攻法の競馬をして→直線粘る相手をキッチリと
交わしての勝利。見事な初重賞制覇となった。
今回もラスト1Fの部分で少し苦労したところはあるし、その点ではこの先にも
課題は残るかも知れないが、パフォーマンス的に一定以上の水準にはしっかり
到達している馬だし、条件が合えば、どこか大きい舞台でひと仕事する可能性は
あっても良さそう。(イメージ的にはヴァンドギャルドのドバイターフ的な…)
見極めつつ、注目はしていきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。