2022年9月4日日曜日

新潟記念展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • ある程度高い水準からの→上がり勝負。
  • 一定の持久力&決め手が問われる。
  • 予想◎ディアマンミノル

過去のラップタイム

2021 12.9-10.9-11.5-12.2-12.5-12.2-11.8-11.3-11.0-12.1
2020 12.8-11.5-12.5-12.4-12.7-13.0-11.9-10.8-10.7-11.6
2019 12.7-10.9-11.3-11.7-12.0-12.5-12.0-11.3-11.1-12.0
2018 12.9-11.1-11.6-11.7-11.9-11.9-11.8-11.7-10.7-12.2
2017 12.9-10.9-11.4-11.7-12.1-12.3-12.0-11.4-11.2-12.0
2016 12.8-11.0-11.2-11.4-12.1-12.0-11.9-11.7-11.5-11.9
2015 13.2-11.0-11.3-11.3-12.0-12.3-12.0-11.6-10.5-13.0
2014 12.9-11.3-11.7-11.4-11.7-12.2-11.9-11.7-11.1-12.4
2013 13.0-11.1-11.5-12.0-12.3-12.4-11.9-11.4-10.8-12.5
2012 12.8-11.2-11.8-12.1-12.5-12.4-11.7-10.9-10.3-11.9

過去10年の平均ラップタイム
12.89-11.09-11.58-11.79-12.18-12.32-11.89-11.38-10.89-12.16
1.58.17



ラップ傾向

(過去記事の転載)

過去のラップタイムを見ると、前半ミドルペースくらいの流れから、道中は一旦
落ち着く展開になり、ラスト4F~2Fでかなり加速して、最後は少し落ちる形。

ここではスタート直後はそれ程速く流れないのだが、最初の直線の長さによって
4F目までなかなかスピードが落ちず、尚且つ3~4コーナーも(落ち着く形では
あるが)極端には緩まない。

そのため、上がりでしっかり速い脚を使うには、それなりに流れる道中で如何に
脚を使わないかが重要になり、結果的にはやはり(走法なども影響するものの)
一定の持久力が問われる。

その条件をクリアしていることを前提にして、最後に勝負を決めるのは、大きな
加速に対応できる最低限の切れと仕掛けてからの持続力であり、地の強さだけで
粘り込む(浮上する)タイプでは結局は難しくなる。


好走の条件
・一定の持久力は必要
・切れ&トップスピードの持続力があること



予想


◎ディアマンミノル
目黒記念は、内先行の馬も残っている展開の中で、直線大外からしっかりとした
決め手を発揮。4着でも十分に評価していい内容と言えるし、その脚の使い方は
今の新潟でこそ…という雰囲気でもある。
重賞では何回も掲示板に載っているものの、あと1つ馬券には絡めていない経歴
だが、その分斤量も大きくは加算されないし、直長のこの舞台で殻を破ってくる
可能性はありそう。期待しつつ、ここは推し切ってみたい。

○ヒートオンビート
七夕賞は、相手も止まらなかったため少し詰め切れてはいないが、自身としては
最後までしっかり脚を伸ばしての2着。斤量を背負う立場ではあったし、改めて
格を示したと言えそう。
天皇賞を好走している点で持久力は当然備えているし、経歴の中で速い上がりも
しっかり使えていて、とりあえずここは普通にこなしてきそう。
相手に期待という意味で2番手評価にはしたが、やはり頭まで考えておきたい。

▲エヒト
七夕賞は、ある程度流れに乗る形から、後半も積極的な競馬をしつつ→上がりを
まとめての快勝。斤量は軽かったが、力は十分に示した。
タイプ的には、止まらない脚…という方向性ではあり、この舞台に対しては少し
持続力の方に寄り過ぎている気もするが、とにかく今は充実している雰囲気。
後ろを待たずに長い脚で勝負すれば、残る可能性もやはりあって良さそう。

注サンレイポケット
この舞台では、昨年の新潟大賞典で勝利して、一昨年の新潟記念で3着。
前者は超のつく前傾、後者は超のつく後傾という部分で、真逆の展開であっても
しっかり好走できていることはやはり心強いし、適性の高さを物語っている。
今回も斤量は背負うが、実績を積み重ねた今となっては妥当な扱いだし、勝ち
切れるかどうか?はともかく、当然上位の一角という評価にはしておきたい。

△カイザーバローズ
同舞台・新潟大賞典で2着。道中から脚を使いつつも→上がりをまとめられて
いるし、そのパフォーマンスで考えれば、やはり上位に扱える。
ここで勝ち切る…というところまで考えると、(高い水準で追走しても)最後に
もう1つ上げることが必要だが、最終週らしい状況になってきている中で外枠を
引いたことはプラスだし、好走の可能性はしっかりと考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。