2022年9月9日金曜日

小倉2歳ステークス回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 平均的な(速い)流れから→最後までスピードを落とさない展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

小倉2歳S結果

ロンドンプラン1.08.1 33.1 13-13
バレリーナ1.08.2 34.6 06-05
シルフィードレーヴ1.08.3 34.2 09-09
プロトポロス1.08.4 35.0 03-05
ゴールデンウィンド1.08.4 35.0 03-02

天候:晴 芝:良
上り4F:46.0 3F:34.9
前半3F:33.2
11.8-10.3-11.1-11.7-11.6-11.6



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半は平均的な流れから(元々速いが)、後半は早い
段階で少し落ちつつ→(前後が入れ替わって)そのままスピードを維持する形。

開催の最終日でも一応時計は出ていたし、特別に速い流れという扱いにはなら
ないが、前半部分ではやはりそれなりに引っ張られた格好。そこから最後まで
落とさない…というところで、適性的には、持久力&持続力が問われた。

脚質的には、前後は満遍なく来ている形で、地力が反映された印象だが、左右に
関してはハッキリと外。その点でこの先に向けても、(上位の地力は認めつつ)
細かい上げ下げは必要になるかも知れない。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ロンドンプラン
立ち遅れての後方ポツンから、しっかりとした決め手を発揮しつつ、キッチリと
捕えての勝利。自身としては約2秒の後傾で、このバランスでこのレースを勝ち
切った内容をどう評価していいのか?は難しいが、シンプルに"非凡な馬"という
可能性も当然ある。脚の使い方的には、距離延長にも普通に対応はしそうだし、
この先、しっかりと注目はしていきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。