2018年10月9日火曜日

2018年10月6~8日 京都ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
土曜6R エイコーン
日曜3R フラル
日曜11R モズスーパーフレア
日曜12R ビッグアイランド
月曜3R レッドベレーザ
月曜6R マグナレガーロ、マルヨシャバーリー
月曜12R ユメノトビラ

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R

エイコーン
3角からのスパート合戦。真っ先に動きつつ→直線も落とさず完勝。
中身の良さと持続力。

7R


8R


9R


10R


11R


12R




日曜


1R


2R


3R

フラル
前半ゆったりした流れだが、後半はかなりのロングスパート。
1頭だけ最後まで落とさず完勝。持続力発揮。

4R


5R


6R


7R


8R


9R


10R


11R

モズスーパーフレア
馬場考えればかなりのハイペースで、最後差し馬が浮上したレース。
逃げてしっかり粘り込む。前走に引き続き高いパフォーマンス。

12R

ビッグアイランド
前半~道中の水準が高い展開。好位からの正攻法の競馬で3馬身差の完勝。
少し間隔の空いた状態。地力示した。



月曜


1R


2R


3R

レッドベレーザ
まずまず締まった展開。
大外回しつつ→直線も最後まで全く落とさず差し切る。持続力発揮。
スケールの問題はありそうだが、前進あり得る。

4R


5R


6R

早仕掛けから→最後粘り勝負。単純にかなり水準の高いレース。
後ろをしっかり離したマグナレガーロマルヨシャバーリーは地力示した。
自らこの展開を作って→粘り込んだ後者は、特に高く評価したいところ。

7R


8R


9R


10R


11R


12R

ユメノトビラ
道中で一旦溜める形だが、直線1頭だけしっかりした脚を使って突き放す。
レース自体の水準もまずまずで、ここでは性能が上。
これが中央へ転入しての初戦。前進あり得る。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事