2018年10月30日火曜日

2018年10月27・28日 京都ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※スワンSの簡単な回顧あり
土曜6R メイショウテムズ、サマーサプライズ
土曜7R スターリーステージ
日曜4R ダノンスプレンダー、ストロングライン
日曜5R メトロポール&他の上位
日曜7R レッドアトゥ
日曜8R バーニングペスカ
日曜12R ボンセルヴィーソ

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R

前半かなり速い展開。全体としての水準も高め。
最後一応しっかり抜けたメイショウテムズ、逃げ粘ったサマーサプライズ
地力は認めたいところ。

7R

スターリーステージ
前半~道中の水準が高めで、完全に外差し決着の展開を逃げ粘り。地力示した。

8R


9R


10R


11R



少頭数だったが、レーヌミノルが引っ張ったことで前半は流れて、一定の
持久力は問われた。
また後続は、ラスト3Fまでにほとんど差を詰めているので、逃げ馬以外も
ラップの形通りに4コーナー~直線で溜め→切れという内容になっている。
その点が(変化に対応しやすい)マイラータイプに向いた部分はありそう。

ロードクエストに関しては、内容云々よりも、素直に2年ぶりの勝利を祝い
たい気持ち。(もちろん様々な経験を積んだ結果の勝利ではあるはず)
モズアスコットは、今回は休み明けで58kgを背負う立場。展開ももう少し
フラットに流れた方がいいタイプだし、それを考えれば十分負けて強し。前進。

12R




日曜


1R


2R


3R


4R

全体としてはまずまずの水準のレース。最後全く止まらずに後ろを大きく
離したダノンスプレンダーストロングラインの地力は認めたい。

5R

前半~道中厳しく、しっかりと地力が問われた。水準としても、全体的に
時計が掛かる週にあって、特に評価できるレース。
最後まで全く落とさずに抜けたメトロポールはもちろん、他の上位も一定の
地力は認めていいはず。

6R


7R

レッドアトゥ
道中押し上げつつ→しっかりと突き放す。全体としての水準も高め。地力。

8R

バーニングペスカ
落ち着いた流れだが、後半しっかりで、全体としての水準は高い。
芝重賞好走馬の性能を見せつけた格好。

9R


10R


11R


12R

ボンセルヴィーソ
ペースはそれ程…にも関わらず、セーフティーリードを取れたことは大きいが、
そこから直線もしっかり。水準も低くない。当然このクラスの馬ではない。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事