2019年10月11日金曜日

2019年10月5・6日 京都ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※京都大賞典の簡単な回顧あり
土曜5R ディアスティマ他
土曜7R アユツリオヤジ
土曜10R ダノンロイヤル
日曜5R ジャストナウ他
日曜7R トップウイナー
日曜11R シルヴァンシャー

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R

前半~道中がかなり速く、全体としての水準も高い。
ディアスティマを筆頭に、上位の地力はしっかり認めておきたい。

6R


7R

アユツリオヤジ
厳しい展開で最後差しが浮上した中で、前からの僅差の粘り込み。地力。

8R


9R


10R

ダノンロイヤル
スタート直後に脚を使いつつ、上がりもしっかりとまとめる格好での完勝。
全体としての水準も高く、その地力は認めておきたい。

11R


12R




日曜


1R


2R


3R


4R


5R

新馬戦としては前半~道中がかなり速く、後半も長い脚が問われる展開。
オッズ的には荒れたが、水準は高く、ジャストナウを筆頭に上位の地力は
しっかりと認めておきたい。

6R


7R

トップウイナー
厳しい展開を演出しつつ→押し切っての完勝。地力。

8R


9R


10R


11R

2019京都大賞典ラップ
12.9-11.0-11.5-12.1-12.2-12.2-12.3-12.4-11.7-11.6-11.5-12.1



まずまずの入り方から、道中が締まった展開。上がりはラスト4Fからしっかり
加速して、長い脚を使う形。(極端に速いという訳ではないが)開幕週の馬場
での、タイトな持久力&持続力勝負。ロスなく進めた馬に向いた。

展開的に単なる前残りという訳ではないので、上位2頭の力もしっかり認めたい
ところだが、道中以降は外を回しつつ→最後浮上して来たシルヴァンシャー
内容はとりあえず目立つし、JCを勝つ前のシュヴァルグランとも少し被る。
感覚的に、注目はしてみたくなる。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事