2019年10月18日金曜日

2019年10月12~14日 京都ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
土曜7R シャドウハンター、パンサーバローズ
土曜9R ラウダシオン、ロータスランド
土曜11R エアアルマス
土曜12R デターミネーション
日曜2R レッドブロンクス、モンサンイルベント
日曜4R ノンライセンス
日曜5R キムケンドリーム、ベーリーオクルス
日曜6R キャノンバローズ
月曜6R セロシア

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R


7R

馬場考えてもある程度速い流れ。後ろを少し離した格好のシャドウハンター
パンサーバローズの地力は認めたい。

8R


9R

馬場を考えれば厳しい展開で、全体としての水準もまずまず高い。
勝ち切ったラウダシオンはもちろんだが、積極的な位置取り&仕掛けで粘った
ロータスランドも、しっかりと地力は認めたいところ。

10R


11R

エアアルマス
締まった展開。他は一応差し馬が浮上している中で、好位からの→完勝。
馬場が合っていた…という部分はあるとしても、追走も楽そうだったし、
この路線の方が…という雰囲気ではある。

12R

デターミネーション
馬場考えても速い流れを演出しつつ→完勝。水準もまずまず。
当然地力は認めたい。



日曜


1R


2R

道中一旦落ち着いた形だが、最後までしっかりで、水準はまずまず。
後ろを大きく離したレッドブロンクスモンサンイルベントの地力は当然
認めておきたい。

3R


4R

ノンライセンス
水準としては特別という訳ではないが、最後1頭だけ止まらずに突き抜けて、
持久力勝負を→持続力勝負に変換してみせた。大前進。

5R

前半速い流れで、全体としての水準もまずまず高い。
最後止まらずに抜けたキムケンドリーム、逃げ粘ったベーリーオクルスあたりの
地力は認めておきたい。

6R

キャノンバローズ
かなり前掛かりな展開を前から進めて、直線終わったかと思いきや→盛り返して
ハナ差の2着。負けはしたが、これはちょっと注目したくなる。

7R


8R


9R


10R


11R

※別途回顧記事をアップします。

12R




月曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R

セロシア
締まった展開を好位から。直線交わされるも、もう1度アタマ1つ差し返す。
結局最後は負けたが地の強さを見せた。

7R


8R


9R


10R


11R


12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事