2010年2月3日水曜日

京都牝馬S回顧 2010


レース総括
■前半~道中がかなり緩く、完全な上がり勝負
■切れが問われた


京都牝馬S結果
ヒカルアマランサス1.36.4 33.6 15-15
ベストロケーション1.36.5 34.7 02-02
ザレマ1.36.5 34.8 01-01
ワンカラット1.36.5 34.5 04-04
チェレブリタ1.36.7 34.3 12-11

天候:雨 芝:稍重
上り4F:47.0 3F:34.7
前半4F:49.4
12.7-11.7-12.3-12.7-12.3-11.6-11.2-11.9




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半ゆったりとした流れから、道中はかなり緩む展開、
その後ラスト3Fから一気に加速する完全な上がり勝負。

雨で時計が掛かる状態になっていたとしても、半数以上の馬が上がり3Fを34秒台
以下で走れているのだから、やはり相当に緩い流れだったと考えてよさそう。

これだけ道中が楽な展開なので、基本的に前から進めて上がりをそれなりに
まとめた馬が上位を占めた形だが、前半~道中でさらに楽をした形から直線で
1頭違う決め手を発揮した勝ち馬が差し切ったという内容。

さすがにこの展開では(決め手などの一部の適性以外は)この先につながるとは
言えそうもなくて、次戦以降ではむしろ今回切れ負けした格好の馬の見直しから
入りたいくらいの感覚。
(出走馬の目標になるヴィクトリアマイルが緩む可能性も十分あるが…)


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ヒカルアマランサス
基本的に前の馬が上位に残っている中で直線だけで全てを交わし切っているの
だから、決め手に関しては相当なものを持っていると言える。
しかし今のところ結果を出しているのが緩い流れからの決め手勝負ばかりなので
引き続き道中が厳しくなりそうな舞台では、基本的に疑って掛かりたい感覚。

ザレマ
決め手勝負が得意とはとても言えないが、それでも展開によらず好走できるのは
やはり牝馬の中に入れば地力が違うといったところ。
当然この先も信頼できる存在。

ワンカラット
前半でゆったりできる形のマイル戦では今までにも良いパフォーマンスは発揮
しているが、この先前半がもう少し速くなる流れからスタミナが問われる展開に
なってくると、マイルは長いようにも思える。
やはりベストは1400mのスピード持続力勝負というイメージで、そこでの実力は
個人的には何も疑っていない。

ブラボーデイジー
デビュー以来の最高馬体重でさすがにゆったりした作りだったのは否めないが、
元々決め手で主張するタイプではなく、切れ負けしたという部分もありそう。
基本的に厳しい流れから持久力の高さで粘りたい馬なので、そういった意味では
今回ももっと積極的に行って欲しかった気はするが、次戦以降で前半~道中の
レベルが上がれば自然と巻き返してくるはず。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事