2010年12月19日日曜日

朝日杯FS展望 2010


予想
基本的にはやはりある程度速くなると考えていいと思うが、展開がどちらに
転んだとしても、結局は先行力(スピード)の裏付けがここでは必要。
それを含めてレースを通して持続できるタイプを選びたい。

◎サダムパテック
前走では切れ&末の持続力を示しているし、前々走では先行力とレースを通して
淀みのないペースで走り切れるところを示していて、ここで必要な要素は一通り
備わっていると言えそう。
大人気だが、この馬を倒せると確信できる馬もいないので、素直に期待したい。

○グランプリボス
前走の内容だけだと昨年のエイシンアポロンには確実に劣るが、この馬自身の
ことで言えば、溜め→切れが発揮できたことは1つの収穫だと言えそうだし、
前々走では先行力を発揮して(おそらく中身が出来ていなかったことで最後は
息切れしたが)勝負所でもう1段上げるということは出来ていて、スピード
レースへの適性はかなりありそう。

▲マイネルラクリマ
前走は道中暴走気味の前2頭に最も引っ張られるポジションから進めて、それで
後方から進めたリフトザウィングスと同タイムなら良く粘ったと言えそうだし、
ある程度道中の水準が高かった新潟2歳Sでも好位から粘りを発揮していて、
先行力&持続力という部分で評価すれば、ここではやはり上位扱いになる。

注リベルタス
前走ではかなりレベルの高い内容を示していて、単純なパフォーマンスの比較
ならば普通に上位争い出来る存在。
ただしこの馬は一瞬の切れではなく、じわじわ伸びてくるタイプなので、持続力
という点ではそれをプラスと捉えることもできるが、勝負所で遅れを取る可能性
にもつながりかねないため、ここでは勝ち切るところまでは微妙に感じる。

△リアルインパクト
前走と新馬戦を比べれば、上がりはほぼ同じ極限の脚を使えていて、そこまでの
過程でちょうど3秒縮めているのだから、一応底は見せていないという扱い。
ただし先行力を示している訳ではないので、これ以上の評価にはしづらい。

△アドマイヤサガス
先行力と持続力はなかなかのものを示しているが、小刻みな走法をしている馬
なので、一定以上のスピードを越えると対応し切れなくなる可能性がありそう。
外枠の今回は尚更厳しいレースになりそう。

△リフトザウイングス
前走では道中~上がりでかなりの持続力を発揮しているが、先行力(スピード)
という点では今のところ示しておらず、どちらかと言うと距離延長の方が合って
いそうなイメージ。
ここは最後に突っ込んで来る…というところまででは。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事