2010年12月8日水曜日

ステイヤーズS回顧 2010


レース総括
■前半~道中の水準高く、上がりはロングスパートの形
■持久力&末脚の持続力が問われた


ステイヤーズS結果
コスモヘレノス3.43.4 36.2 02-02-03-03
ジャミール3.43.5 35.6 10-10-08-07
ネヴァブション3.43.7 36.1 06-06-06-05
モンテクリスエス3.43.7 36.3 05-05-05-05
フォゲッタブル3.43.9 36.9 06-06-02-01

天候:晴 芝:良
上り4F:48.0 3F:36.5
36.6-37.0-38.6-39.3-12.8-11.1-11.5-12.0-11.9-12.6(35.4-36.5)




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半がこのレースとしてはかなり速く、道中も平均を
上回る水準で流れる展開。2周目の1~2コーナーこそ一旦落ち着いたものの、
その後の向こう正面で一気にペースが上がり、そこからほぼ右肩下がりの形。

とにかく今回は(速い馬場だったにしろ)前半~道中の水準が高く、当然の
ように高い持久力がなければ話にならなかった。

さらに向こう正面からのフォゲッタブルの捲くりによって、(特に好位の馬の)
仕掛けが早くなったことで、末の持続力も問われたため、ほとんど誤魔化しの
効かないレースだったと言える。

今回の内容であれば、スピードや決め手などの中距離的な要素はともかく、
少なくとも持久力に関しては、この先の大きな裏付けになっていきそう。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

コスモヘレノス
この展開で好位から押し切った内容は当然評価できるし、勝負をつけた直線の
上り坂は見応え十分だった。
とにかく前走からの距離延長でも全くパフォーマンスの低下は見られないし、
持久力の高さは間違いなく、決め手などの部分では明らかに難がある馬なので
その扱いには注意が必要だが、適鞍を見極めつつ活躍に期待したいところ。

ジャミール
前方の馬の早仕掛けを眺めていられる立場だったので、ポジション的に嵌まった
感はあるものの、やはりこれも持久力の部分では評価しておくべき。
この馬の場合、道中からあまり脚を使う(2000mくらいの)舞台は適性的に微妙
なので、この先はやはり長めの距離で、持ち前の持久力&切れを活かしやすい
舞台で期待したいところ。

ネヴァブション
最後は少し伸びを欠く内容ではあったが、それでも一定の地力は示している。
この先も極端な切れが問われない厳しい流れでは、確実に浮上してきそう。

モンテクリスエス
馬自身も一定の持久力を示した形だが、とにかく今回は鞍上の積極的な競馬が
功を奏したという印象。
それでもこの馬の場合、上がりが問われないのスタミナ勝負でこそという点は
変わらないので、舞台というよりも展開に左右される部分はこの先も大きそう。

フォゲッタブル
2度にわたる向こう正面での捲くりがあっても、最後まで崩れていない内容は、
やはり持久力という点では相当に高いものを感じさせる。
当然この先も3000m級では常に警戒しておくべき存在だが、決め手の問題は常に
ついて回りそうなので、この先も展開次第というところはありそう。
ただ今回のような内容を示せるのであれば、脚質転換などの措置がそろそろ
あってもいいのかも知れない…。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事