2010年12月26日日曜日

有馬記念展望 2010


予想
場合によっては逃げてもいいくらいに思っている馬&騎手が、結局は押し出さ
れて逃げることになってしまいそうなメンバー構成。
これだとどうやっても前半はゆったりした流れになりそうだが、さすがに向こう
正面で何の動きもないという展開は考えづらく、ロングスパートに近い形には
なりそうなので、ある程度好位につけられて、尚且つ長い脚を使えるタイプに
今回は向きそう。

…とは言っても、普通に考えれば当然ブエナビスタということになるが、今回の
個人的な予想はグランプリ仕様で、ブエナビスタを上回る可能性という1点に
絞って考えてみた。
そしてそれが出来るとしたら、底を見せていない形のルーラーシップと先行した
場合のペルーサのどちらかしかいない…というのが最初の結論。

◎ルーラーシップ
休み明けの状態で、楽ではない展開の中ヒルノダムールやリルダヴァルを寄せ
つけなかったという前走の内容だけでも、単純に3歳世代の中での位置付けは
最上位争いだと、まずは考えていいはず。
この馬はプリンシパルSの内容を見て以降、(個人的に)菊花賞での好走まで
イメージしていたくらいで、やはり持久力はかなり高いと思うし、それに加えて
前走で示したスピード持続力を合わせて考えれば、この舞台での一発の可能性が
あるとしたらこの馬…というのが結論。
絶対的な存在を倒せるのはやはりルメールJなのだと思う。

○ブエナビスタ
持久力&持続力の圧倒的な高さに加えて、ある程度位置取りの自由も利くので、
やはり勝ち負け以上は必至だろう。
負けるとしたら、好位から進める馬が想像以上の強さを発揮した場合に限られ、
今回はその可能性を無理矢理追求した2番手評価。

▲ヴィクトワールピサ
持久力の高さは間違いなく、勝負所での機動力と終いを突き抜けるところまでは
いかない程良い持続力を考えたら、タイプ的に中山自体はやはり合っている。
今回は絶好の枠を引いて、展開も味方しそうではあるのだが、ブエナビスタを
上回れるかどうかで考えたら、この馬だと少し難しそうなイメージ。

注ペルーサ
持久力&持続力は満点というタイプで、ここの展開自体は合っていると思うが、
実際問題として、もしスタートが上手くいったとしても、先行のポジションから
進める…というところまであり得るのかどうか。
その可能性が低いのであれば、最後まで止まらない相手を逆転する可能性は当然
低くなるので、結局は好走までが妥当に思える。

△ネヴァブション
持久力&持続力は高く、この舞台にもかなり合っている馬だが、切れはないため
基本的には厳しいペースで引っ張られてこそのタイプなので、後半のスピード
勝負という方向に傾くとなると、少しだけ分が悪くなりそうな雰囲気。

△トーセンジョーダン
アルゼンチン共和国杯のパフォーマンスはかなり高く、ここでも上位に入っても
おかしくない存在だが、タイプ的には向こう正面から長い脚を使う形よりかは、
もう少し溜め→切れを発揮できる展開の方が合っていそうで、ここでは好走まで
という扱いが妥当に思える。

△トゥザグローリー
持久力という点ではあと1つ裏付けに乏しく、厳しい流れになると対応できるか
微妙だが、レース後半の持続力という点では、前走でもしっかり発揮していて、
ここの展開自体は合っている可能性が高い。
前半スローの展開を、好位から進められれば面白いかも知れない。

☆オウケンブルースリ
地力は当然上位だが、ある程度前半~道中が厳しい展開を、持久力&持続力で
浮上してくるというタイプで、今回の少し上がりに傾きそうな展開は疑問。
基本的に不器用なこの馬が、小回りのコーナーを速いスピードで回ってくる姿を
想像すれば、そこには相当なロスが生まれそうなイメージが自ずから湧く。
この馬がいきなり先行とか出来れば別だが…。

☆ドリームジャーニー
切れ味という言われ方はするが、基本的には持久力で浮上するタイプで、あまり
上がりの速い展開だと、最後伸び切れないという形になりかねない。
状態面も気になる。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事