2018年11月6日火曜日

2018年11月3・4日 京都ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※JBCスプリント、JBCレディスクラシック、ファンタジーSの簡単な回顧あり
土曜3R シゲルピンクダイヤ
土曜7R ラヴズオンリーユー
土曜9R ジークカイザー、シンギュラリティ
土曜10R シヴァージ
日曜5R アルクス

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R

シゲルピンクダイヤ
一応まずまずの水準のレース。直線しっかりした脚使って抜ける。地力。

4R


5R


6R


7R

ラヴズオンリーユー
ほぼ直線勝負だが、なかなかの性能を発揮。

8R


9R

水準高い流れから→上がりも止まらないハイレベル戦。
ともにトップハンデで1、2着のジークカイザーシンギュラリティ
地力は素直に認めたいところ。

10R

シヴァージ
少し前掛かりな展開。好位からしっかり粘り込んだ内容。地力。

11R



道中一旦しっかり落ち着く形の→上がり勝負。
ダノンファンタジーが、シンプルに性能を見せつけての勝利。

12R




日曜


1R


2R


3R


4R


5R

アルクス
前半歩いたが、その分、後半のペースアップは早く、尚且つ最後まで全く
止まらない形。性能を示す指標も高く出た。

6R


7R


8R


9R


10R

ハイペースからの持久力勝負。
3着以下は基本差し浮上。シンプルにグレイスフルリープマテラスカイ
地力を示した…という解釈でいいはず。
特に逃げ粘った後者は負けて強しではあるし、この馬場でもしっかり結果を
出したことは、この先に向けて大きな収穫。

11R


12R



前半速い。道中は平均以下だが、比較対象がみやこSということを考えれば
悪くない水準。最後は落ち込む形。持久力&持続力勝負。

アンジュデジールは、大外発走だが、アウトインアウト(→イン)で相手と
比べて終始内を回した内容。その点が、最後の差し返しにつながった印象。
これはなかなか凄い騎乗。(戒告受けてるが)
もちろん、馬自身も地力はしっかり示した格好。

ラビットランは、このフラットな展開で、ほとんど勝ちに等しい内容を示せた
こと自体、大きな収穫。道中の水準という部分ではもう少し欲しいところだが、
適性の幅という点では1つ階段を上ったイメージ。
そろそろ牡馬と戦ってもいいのかも知れない。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事