2019年7月29日月曜日

2019年7月27・28日 新潟ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※アイビスSDの簡単な回顧あり
土曜3R サクセスファイター
土曜5R スマイルカナ
土曜7R フェリスナタール、ミケランジェロ
土曜12R アビーム
日曜4R ナイスプリンセス、セイドアモール
日曜5R ドナキアーロ他
日曜7R ショウナンバビアナ
日曜11R ライオンボス、カッパツハッチ
※日曜は直線向かい風(向正面追い風)の影響が大きそう。

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R

サクセスファイター
少し落ち着いた場面もあったが、上がりでしっかりした脚を使って→圧勝。
水準もまずまず高く、その実力は当然認めておきたい。

4R


5R

スマイルカナ
馬場速いが、前半飛ばしつつ→押し通しての勝利。一定の地力は認めたい。

6R


7R

馬場考えても厳しい展開。
道中一気に動いて→粘り込んだフェリスナタール、流れにしっかりつき合って
→粘ったミケランジェロは、次戦以降注目しておきたい。

8R


9R


10R


11R


12R

馬場考えれば少し落ち着いた流れだが、後半しっかりで、水準はまずまず。
アビームを筆頭に、上位の実力は認めておきたい。



日曜


1R


2R


3R


4R

単純に水準高い。後ろをしっかり離したナイスプリンセスセイドアモール
地力は当然認めておきたい。

5R

追い風を受ける区間が多い条件だが、前半~道中速く、水準もまずまず高い。
ドナキアーロを筆頭に、上位の一定の地力は認めておきたい。

6R


7R

ショウナンバビアナ
締まった展開を好位からしっかりと押し切り。直線進路確保に時間が掛かり、
それが逆に(前が壁で)風除けになっていた可能性もあるが、地力は認めたい。
馬体(走り)も雰囲気ある。

8R


9R


10R


11R

2019アイビスSDラップ
11.9-10.2-10.5-10.7-11.8



直線がピッタリと向かい風方向。それに1000mずっと立ち向かう条件なので、
当然、額面以上の厳しさがあったはず。2F目以降、常に減速していく…という
形は、このレースでは11年振り。完全な持久力勝負。

前走で強い内容を示していたライオンボスカッパツハッチが、ここでも順当に
力を見せつけた格好。当然その地力は認めておきたい。

そして有力馬が中~内寄りの枠に集まった…と思われた中で、今年もしっかりと
外枠の馬が好走。来年以降に向けても、この事実はやはり重そう。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事