2019年7月8日月曜日

2019年7月6・7日 中京ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※プロキオンSの簡単な回顧あり
土曜2R タガノファジョーロ
土曜8R ブランノワール他
日曜4R ナムラシェパード他
日曜5R マイラプソディ
日曜8R コンカラー
日曜9R モンペルデュ

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R

タガノファジョーロ
馬場を考えても締まった展開で、水準もまずまず高い。
その中で直線、進路確保に時間が掛かりつつも→最後伸び切って勝利。
着差以上と言っても良さそう。

3R


4R


5R


6R


7R


8R

1頭が少し離した形だが、前半しっかりと引っ張られる展開で、水準もまずまず。
ブランノワールを筆頭に、上位の一定の地力は認めておきたい。

9R


10R


11R


12R




日曜


1R


2R


3R


4R

速い馬場を考えれば前半は平均弱だが、その分後半しっかり。
ナムラシェパードを筆頭に、上位の実力は一応認めておきたい。

5R

マイラプソディ
現状あと1つ上げ切れない感じもあるが、性能を示す指標ではまずまず。
注目はしたい。

6R


7R


8R

コンカラー
後半、他の馬が前掛かりな競馬になった中で、落ち着いて仕掛けた鞍上の
好騎乗もあるが、額面以上に厳しい展開での完勝。地力は認めておきたい。

9R

モンペルデュ
少し下が乾いてきた中で、ハイペースで引っ張りつつ→押し通す。
レコード勝ちの地力はやはり認めていいはず。

10R


11R

2019プロキオンSラップ
12.3-10.5-10.5-11.0-11.7-12.2-13.0



超ハイペースで、3F目からは一直線に減速していく形。完全な持久力勝負。
前はさすがにやり過ぎで、前半少しだけ控えた2頭が最後は抜けた。

ただし、アルクトスミッキーワイルドも、自身の内容としては前半でかなり
引っ張られているので、ともにペース耐性の部分でしっかりとパフォーマンスを
更新してきた格好。その地力は当然認めておきたい。

マテラスカイ
少し乾いてきた馬場…という中で、不良馬場の昨年よりも速い入り方をした格好
なので、最後苦しくなったことは仕方がない。
ただ、スプリンターとして完成してきて、少し溜めが効きづらくなってきている
…というのはあるかも知れない。アメリカに行って欲しい。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事