2019年7月1日月曜日

2019年6月29・30日 福島ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※ラジオNIKKEI賞の簡単な回顧あり
土曜3R フジマサディープ
土曜5R エレナアヴァンティ他
土曜7R エクリリストワール
日曜4R マリノオークション
日曜6R パーティネント
日曜10R ビルジキール

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R

フジマサディープ
厳しい展開で逃げつつ→完勝。一定の地力示した。

4R


5R

前半速く、新馬戦としては水準高い。
エレナアヴァンティを筆頭に、上位の地力は認めたい。

6R


7R

エクリリストワール
落ち着いた入り方だが、後半が締まって、水準としてはまずまず。
最後も全く落とさずに完勝。持続力示した。

8R


9R


10R


11R


12R




日曜


1R


2R


3R


4R

マリノオークション
馬場速いが、それを考慮しても水準はまずまず高い。地力。

5R


6R

パーティネント
この日の芝レースで、前半まともに平均以上の入り方をしたレースはこれだけ。
最後は差しがしっかり浮上した中での逃げ粘り。地力示した。

7R


8R


9R


10R

ビルジキール
完全にフラットなスピード持続力勝負。馬場速いが、水準もまずまず高い。
レコード勝ちの力は認めたいところ。

11R

2019ラジオNIKKEI賞ラップ
12.6-11.1-12.2-12.6-12.5-12.3-12.4-11.9-12.2



さすがに時計は掛かっているが、ラップの形的には、(やや前傾だが)溜め
→切れという展開。ペースとしてはそこまでではなく、この手のパターンは
前&後ろ…が基本。実際にこのレースも、差し&好位の組み合わせでの決着。

コース取りに関しては、基本的には外有利だが、この日の傾向として、外差し
&逃げの決着が目立っていたように、最内だけは別だった…という雰囲気。
(前後左右とも、半端はいかん!なレース)

その点、大外枠発走ながらインを進めたアドマイヤスコールの横山典Jは、
7Rでは半端なコースを通って惨敗(有力馬ではなかったが)、9Rではイン
突きで好走したこともあってか、十分に認識していた模様。素晴らしい。

当然、それとは逆のコース取りで負けた馬の巻き返し…というところには
注目しておきたい。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事