2020年4月22日水曜日

アーリントンカップ回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • 前半~道中がかなり厳しくなって→上がりは落ち込んだ展開。
  • 持久力が問われた。

アーリントンC結果

タイセイビジョン1.34.3 36.2 11-09
ギルデッドミラー1.34.6 36.8 06-04
プリンスリターン1.34.7 37.1 02-01
ボンオムトゥック1.34.7 36.7 07-07
トリプルエース1.35.0 37.2 04-04

天候:晴 芝:稍重
上り4F:48.6 3F:36.7
前半4F:45.7
12.4-10.8-10.9-11.6-11.9-11.7-12.1-12.9




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半が相当に速くなって、なかなかスピードが落ちずに
道中も締まった展開。勝負所で多少の加速は示すものの、上がりは落ち込んだ。

今回の特徴は、言うまでもなく前半(~道中)の速さ。
あからさまな前傾戦の中で、最後はみんな脚が上がった格好になり、適性的には
ほとんど持久力オンリーというレースだった。

脚質的には、この流れなので、前半少しでも控えた馬が有利だったと言えるが、
差し馬にしてもいい脚は使えておらず、やはり実力が反映されたイメージ。

この展開が本番につながるか?は微妙だし、その点他のレースによる裏付けが
欲しいところだが、上記のように上位の地力そのものは認められる。
シンプルに、距離短縮ならば今後にも十分つながっていきそうな気はする。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

タイセイビジョン
位置取り的には恵まれた格好だが、この馬のポジションでも普通に前傾の内容。
実質的には、おそらく朝日杯よりも厳しいラップを踏んで→上がりをまとめた
格好で、その地力はやはり認めたいところ。
マイルでの2戦が上がりは止まりながら…という内容で、本番に向けては課題が
1つ残ったが、再度厳しい展開になる可能性だってなくはない。
桜花賞&皐月賞から何が来るか?にもよるが、当然注目はしておきたい存在。
(将来的にはもう1度距離短縮で見たいが)




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事