2020年4月25日土曜日

マイラーズカップ展望(ラップ傾向&予想)2020



まとめ
  • ペースはメンバー次第だが、後半の仕掛けは早くなる。
  • スピード持続力(&決め手)が問われる。
  • 予想◎インディチャンプ

過去のラップタイム

2019 12.6-11.4-12.0-12.5-11.8-10.9-10.3-11.1
2018 12.2-10.7-11.0-11.9-11.4-11.2-11.2-11.7
2017 12.4-11.2-11.7-12.1-11.4-11.3-10.8-11.3
2016 12.3-10.7-11.1-12.1-11.7-11.7-11.3-11.7
2015 12.3-11.0-12.0-12.4-11.7-11.1-10.8-11.3
2014 12.5-11.0-11.4-11.7-11.2-11.4-10.9-11.3
2013 12.3-10.8-11.0-11.7-11.5-12.1-11.5-11.7
2012 12.1-10.8-11.4-11.9-11.3-11.2-11.8-12.7

過去8年の平均ラップタイム
12.34-10.95-11.45-12.04-11.50-11.36-11.08-11.60
1.32.31




ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半まずまずの流れから、上り坂で一旦は落ち着き
つつ→仕掛けがかなり早くなる展開。

ここまで全体の流れとしては、スローペースorハイペースという極端な展開が
半々くらいで現れていて、各年の間でラップのバラつきが大きい。
しかしその中でも、ラスト4F(下り坂)の区間ではバラつきが小さく、それは
つまり、"仕掛けの早さ"という部分だけは不変だということ。

したがって、コースの特徴からも、持続力を備えていることを前提として、
(速い馬場で実質的にそれほど負荷が掛からず、終いが落ちないことから)
ある程度末を伸ばせるタイプを中心に考えたい。


好走の条件
・スピード持続力(&決め手)があること



予想


馬場情報にも「傷みが残った状態」と明記されている開幕週。
とりあえず、回復し切れなかった模様。

土曜の競馬を見ると、スピードで押し切るというよりは、少しだけ控えた所から
→上がりをまとめて交わす形が基本…という印象で、時計が出ない訳ではない
ものの、やはりそれなりに負荷は掛かっていそう。

前哨戦で、隊列もあっさり決まる可能性があるメンバー構成ではあるが、まずは
シンプルに地の強さを問いたいところ。


◎インディチャンプ
斤量を背負う立場だが、力はさすがに1つ抜けた扱い。
細かい脚の使い方的に、最後少し続かないところがあり、他馬も余力を残した
状態での持続力勝負だとやや分が悪い。その点、あまり流れず、自身もそれに
つき合ってしまった場合に取りこぼす可能性もなくはない。
しかし、馬場がしっかりとは回復しなかったことは、この馬にとっては大いに
プラスに働きそうで、それならばここは素直に…でいいのかも。
もしランスオブプラーナがちゃんと引っ張る形なら、あっさりの圧勝まで。

○ヴァルディゼール
とりあえず、内回りも含めて京都マイルでは全勝。
前走は、前半引っ張られつつも→上がりをしっかりとまとめる格好で勝利して、
パフォーマンス的にも(さすがにマイルCSには負けるが)十分な水準だった。
タイプ的に、ビュッとは上げ切れないところはあるが、その分(後肢の粘り強さ
から)最後伸び切ることが出来る馬で、極端に地力が問われない前哨戦ならば、
王者相手でも戦えてもいいのかも。1度は本命も考えたが→自重して2番手。

▲ブラックムーン
元々この舞台で重賞を制している馬。3走前の洛陽Sも、結果は4着まででは
あったものの、そのパフォーマンスは高いし、ヴァルディゼールよりも斤量を
背負う立場だったことを考えれば、当然その差は詰まってもいい場面。
開幕週だが、差し馬が全く末を伸ばせない…という雰囲気の馬場ではないし、
ここは浮上の可能性を考えてみたい。面白そうな存在。

注レッドヴェイロン
とりあえず、紅葉Sで示した高いパフォーマンスを考えれば、普通に上位。
前走は、実質的に上がりに寄った展開の中で、直線他も止まらず、最後は(外に
持ち出してきたヴァンドギャルドの後ろで)全く追えない状態に。じっくりと
進め過ぎた印象でもあるし、度外視できる。
本質はやはり京都よりも東京だろうし、推し切れはしないが、注目はしたい。

△ヴァンドギャルド
前走は、立ち遅れつつの→リカバリー。直線も外寄りまで持ち出すロスがあった
中で、一応良く詰めた格好。その内容を考えれば、ここでの前進は考えられる。
ただし、この舞台でのパフォーマンスで比較すると、(こちらは余力を残しての
フィニッシュではあるものの)上位に評価した馬とは1つ差がある…というのが
現状で、ここは更なる更新があればといったところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事