2020年4月3日金曜日

大阪杯展望(ラップ傾向)2020



まとめ
  • 道中ある程度締まった流れから→仕掛けの早い展開が基本。
  • 高い持続力が問われる。
  • 勝ち切る条件としては、一定の機動力が必要。

大阪杯過去3年のラップタイム

過去のラップタイムから傾向を探ってみる。

2019(アルアイン:2.01.0)
12.6-11.1-12.7-12.7-12.2-12.4-11.8-11.4-11.6-12.5

天候:曇 芝:良
上り4F:47.3 3F:35.5
前半1000m:61.3
勝ち馬コーナー通過:04-03-04-04
勝ち馬上り3F:35.2


2018(スワーヴリチャード:1.58.2)
12.8-11.3-12.4-12.4-12.2-11.8-11.2-11.1-11.4-11.6

天候:晴 芝:良
上り4F:45.3 3F:34.1
前半1000m:61.1
勝ち馬コーナー通過:15-15-01-01
勝ち馬上り3F:34.1


2017(キタサンブラック:1.58.9)
12.3-11.1-12.1-12.1-12.0-12.2-11.8-11.7-11.6-12.0

天候:晴 芝:良
上り4F:47.1 3F:35.3
前半1000m:59.6
勝ち馬コーナー通過:04-03-03-02
勝ち馬上り3F:34.3


過去3年⇔G2時代(平均)のラップタイム




ラップ傾向

ラップタイムを見ると、前半はミドルペースで、道中は一旦は落ち着くものの
極端には緩まない展開から、やや仕掛けの早い上がり勝負という形。
(G2時代から通しての平均的な傾向)

G1に格上げされて3年。2017年はイーブンに近い一貫したラップを刻む形で、
2018&2019年は一旦溜めて→後半しっかり上げる形…と、展開は多少バラついて
いるが、(2019年は少し馬場が掛かる状態だったことを考えれば)やはりG2
時代と比べれば、レース全体を通して水準は上がっている。

中でも、道中~上がりでその傾向が強くて、仕掛けのポイントも早くなっている
印象がある。(G2時代に存在した切れ寄りの展開は今のところ現れていない)

ある程度水準の高い道中からの→早めのスパート…という部分で、何はともあれ
ここでは"持続力"が基本。スピード水準的に、場合によってはマイルまで対応
出来るようなタイプに向く。

そして尚且つ、後半部分ではしっかりと上げる必要があり、そこは中距離的な
切れ。持久力に裏打ちされた機動力を(持続力と併せて)発揮出来るタイプが
勝ち切る…というイメージで臨みたい。


好走する条件
・高い持続力を備えていること
・機動力(持久力&切れ)があること(勝ち切る条件)




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事