2021年3月25日木曜日

スプリングステークス回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • スタートで引っ張られつつ、一旦溜めて→後半は長い脚を使う展開。
  • 一定の持久力&持続力が問われた。

スプリングS結果

ヴィクティファルス1.52.0 36.1 08-08-09-09
アサマノイタズラ1.52.0 36.2 06-06-06-02
ボーデン1.52.3 36.8 04-03-04-05
イルーシヴパンサー1.52.5 36.9 06-03-04-06
ヴェイルネビュラ1.52.6 36.8 10-09-06-06

天候:雨 芝:重
上り4F:49.5 3F:37.0
前半1000m:62.5
12.8-11.7-12.7-13.0-12.3-12.5-12.4-12.1-12.5



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、(掛かる馬場を考えれば)スタート直後はまずまずの
入り方をしつつ、コーナー部分で一旦しっかりと落ち着く展開。その後は向こう
正面からペースアップして、(多少の加速は入ったが)一定に近いスピードを
維持する形。

今回は、前半のうちに一旦溜めが入る形だったが、スタートでは実質それなりに
引っ張られた扱いで、やはり一定の持久力は問われたはず。
また後半は長い脚を使う展開になっていて、適性的にはハッキリと持続力の方に
寄ったレース…というイメージ。

脚質的には、好位もそれなりには残っているものの、展開&馬場から、基本は
少し控えた馬が優勢に。
それと同時に、相対的に馬場のいい外を通ることも重要にはなった。

本番に向けては、前半はもう少し引っ張られるだろうし、後半はもう少し上げ
なければならない…というところで、特別な水準とはならなかったが、長い脚を
使う…という適性面の裏付けには、とりあえずはなりそう。
他のレースの(特に性能面の)裏付けがあるのなら、可能性としては考えたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ヴィクティファルス
中団やや後ろの外からじっくりと進めて、最後伸び切る形での勝利。
4コーナーのロスで、仕掛けをワンテンポ遅らせる格好になったことが奏功した
部分もあるかも知れないが、とりあえずこの手の舞台&展開に対しては、高い
適性を備えていることは間違いなさそう。
本番では、体力勝負になるのか?or性能勝負になるのか?によって、結果が左右
されそうだが、グランプリ型のイメージを描きつつ、引き続き長い目で注目して
いきたい存在。

アサマノイタズラ
最後は際どく差されたが、勝負所で積極的に動いて行って→粘り込んでの2着。
改めてその地力を示した格好にはなる。
上がりには限界がありそうなタイプなので、本番では後半で上げ切れるか?とは
なるし、厳しい展開になるのなら…といったところだが、その先を考えるので
あれば、一貫した展開になりやすい舞台で活躍する可能性は十分にありそう。
条件を見極めつつ、しっかりと注目していきたい。

ボーデン
他の上位が基本外寄りを通った中で、3コーナーからは馬場の悪い内を通った
格好。その分直線は伸び負けた…というイメージの3着。
前走の高いパフォーマンスからすれば、さすがに落とした扱いになるが、最後は
それでも踏ん張る姿を見せていたし、条件を考えれば悪くはなかった。
本番では、ハービンジャー産駒だけに1F延長しての前進はあり得るし、正攻法で
押し通せる状況ならば、やはり有力な1頭としては考えたいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事