2021年3月28日日曜日

マーチステークス展望(ラップ傾向&予想)2021


まとめ
  • 前半ある程度速い流れから→後半も淀みのない展開になる。
  • 持久力&持続力が問われる。
  • 予想◎レピアーウィット

過去のラップタイム

2020 12.6-11.7-12.7-12.8-12.2-11.8-12.4-12.3-12.8
2019 12.7-11.4-12.9-12.9-12.6-12.1-12.4-12.3-13.0
2018 12.4-11.5-12.5-12.9-12.4-12.6-12.6-12.4-12.8
2017 12.7-11.7-12.2-12.1-12.0-12.7-12.3-12.5-13.8
2016 13.1-12.1-12.9-12.9-12.3-12.1-12.2-12.1-13.0
2015 12.5-11.4-12.5-13.2-12.3-12.6-12.7-12.5-13.0
2014 12.2-11.2-12.2-12.8-12.3-12.8-12.6-12.2-12.9
2013 12.6-11.2-12.7-13.0-12.4-12.5-12.4-12.3-13.5
2012 12.4-11.0-12.6-13.2-12.2-12.0-12.5-12.4-12.7
2011 12.5-10.5-13.1-12.5-13.0-12.3-12.1-11.7-12.3 阪神開催

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.58-11.47-12.58-12.87-12.30-12.36-12.46-12.33-13.06
1.51.99



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半やや速く、その後道中~上がりまでほとんど一定の
スピードを刻み続ける展開で、ラスト1Fだけ落ちるという形。

とにかくここの特徴は、向こう正面がほとんど緩まないということで、かなりの
持続力が必要とされて、さらに前半の速さによって終いの部分では大体の馬の
脚が上がるため、相当な持久力が試されることになる。

脚質的には、やはりダートなので結果的にはある程度好位も残るが、ペース次第
では前の馬が完全に潰れることもあり得るので、多少受け流すくらいの馬の方が
安心といったところ。(場合によっては後方一気まで考慮したい)

好走する条件
・持久力&持続力があること



予想


◎レピアーウィット
同舞台の前々走は、前半~道中を高い水準で進め、一旦2着馬に出られつつも
→最後しっかりと踏ん張って、差し返しての勝利。地の強さを示したし、その
時の内容ならば、ここでも普通に上位に扱える。
昨年も(後方からだが)ここで3着。(勝利経験はあるものの)東京の変化の
つく展開は合わない雰囲気だし、耐える戦いが基本のここで巻き返す可能性は
あっていいはず。期待しておきたい。

○アメリカンシード
前走は、前半~道中をかなり締めつけた格好から→直線は流しての圧勝。
内容的に上がりは結構落としている扱いで、3走前の、溜めればその分だけの
決め手を使える点を合わせて考えると、本質は府中マイル…という気もするが、
この舞台でも、追えばもっと伸ばせる可能性はある。やはり有力。
こちらが人気を被っている状況で、面白そうな相手を上には取ったが、斤量面
では有利だし、当然注目はしておきたい。

▲メモリーコウ
東海Sは、前半~道中がかなり厳しい展開になった中で、自身も道中で極端に
脚を使いつつ→浮上しての3着。前走は、後半の持続力勝負の中で、4コーナー
外をぶん回す格好になりながら→最後しっかり詰めての2着。
地力は示しているし、上がりは確実にまとめてくるイメージにはなる。
ジョッキーの特性的にも、この手の舞台には合っている印象だし、ここも普通に
浮上はして来るものとして扱いたい。

注ナムラカメタロー
夏以降くすぶっていた感じだが、ともかく前走で復活。
元々は(勝った方の)師走Sで、飛ばした前に引っ張られて、自身もかなり高い
水準で進めつつ、高いパフォーマンスを発揮しているし、地力はある馬。
後半耐える戦いでの強さがあり、アメリカンシードが締めつけてくれるのなら、
ここでも十分出来ていいはず。注目しておきたい。

△ヒストリーメイカー
前走などはかなり落ち着いた展開ではあったが、とりあえず近走は安定。
みやこSや平安Sは、道中をかなり高い水準で進めつつ→浮上できているし、
地力ではやはり上位扱いになる。
方向性としては、持続力特化というイメージではあり、中山の"耐える"戦いが
ベストではなさそうだが、やはり相手にはしっかりと考えておきたい存在。

△ハヤヤッコ
元々は超ハイペースの展開で重賞を制しているように、体力勝負でこそ…という
タイプで、この舞台には適性的に合っている。
正直この2走は前半で控え過ぎ(位置取りというより内容的に)。そのあたり、
乗り替わりで変わってくるのなら、前進を示す可能性は十分。
斤量を背負う方の立場で、推し切れない部分はあるものの、当然相手には。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事