2022年1月27日木曜日

アメリカジョッキークラブカップ回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • まずまずの水準からの→ロングスパートという展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

AJCC結果

キングオブコージ2.12.7 34.7 13-13-12-08
マイネルファンロン2.12.9 35.1 12-12-11-06
ボッケリーニ2.13.0 35.5 04-04-07-08
アサマノイタズラ2.13.0 34.8 14-14-14-11
ポタジェ2.13.1 35.4 06-07-10-08
オーソクレース2.13.1 35.8 06-06-03-02

天候:曇 芝:良
上り4F:47.5 3F:35.7
前半1000m:61.2
12.5-11.4-12.6-12.3-12.4-12.1-11.9-11.8-11.8-11.7-12.2



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ミドルペース&道中まずまずの水準から→後半は
かなり長い脚を使う形。

元々後半でジワジワと加速していく形になりやすいレースだが、今回は仕掛けの
タイミングがより一層早くなっていて、(一本調子に脚を使い切ってしまう)
ロングスパート合戦の様相に。適性的には、持久力&持続力が問われた。

脚質的には、引くに引けず…となった前の馬には厳しくなり、やはり差し有利。
比較的流れに乗っていた馬でも、掲示板に載ったボッケリーニやポタジェなどは
2角→3角の通過順を落としているように、ワンテンポ遅らせた格好。
脚の使い所の問題が大きいレースではあった。

この先に向けては、後ろから浮上した馬でも道中~上がりのパフォーマンスは
高くなっているので、まずはそれらの地力を認めたいが、積極的に攻めて→
(少し)負けた馬の巻き返しにも、当然注目はしておきたいところ。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

キングオブコージ
後方からじっくり進めて、前半は完全に受け流した格好だが、道中を高い水準で
進めつつ→上がりをしっかりとまとめての勝利。
位置取り的にハマった部分はあるものの、改めてこの手の展開での強さを示した
扱いになるし、とりあえずは復活!ということにはなりそう。
骨折で昨年をほぼ棒に振った形だが、改めてこの先、持続力が問われる舞台での
活躍に期待しておきたいところ。

ボッケリーニ
前述のように途中少し抑える動きをして、その点では鞍上の好騎乗だったが、
上位の中では最も前から進めていた訳だし、後半は馬場の悪い所を通った格好。
その内容を考えれば、これはやはり評価して良さそう。
とりあえずは今回、距離延長をこなせたことは収穫になったし、直線で感じ
させた地脚の強さを合わせて考えると、(昨年で言えばウインマリリンのような
イメージで)次戦あたり面白いことになるかも知れない。注目しておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。