2022年1月21日金曜日

愛知杯回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 道中で一旦緩んで→後半は徐々に&大きく加速する展開。
  • 切れ(&一定の持久力)が問われた。

愛知杯結果

ルビーカサブランカ2.01.0 34.2 11-11-11-09
マリアエレーナ2.01.0 34.5 02-02-03-05
デゼル2.01.0 34.2 11-12-11-09
ソフトフルート2.01.2 33.9 15-15-14-14
アイコンテーラー2.01.3 35.1 01-01-01-01

天候:晴 芝:良
上り4F:46.6 3F:34.8
前後半1000m:62.3-58.7
12.5-11.3-13.1-12.9-12.5-12.1-11.8-11.3-11.5-12.0



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、スタート直後は平均的だが、その後が一旦しっかりと
落ち着いた展開。そこから後半は早い段階から徐々に&大きく加速して→直線は
右肩下がりの形。

今回の特徴は、やはり道中が大きく緩んだことだが、後半は(中京で流れが落ち
着いた場合に時々ある)下り坂の後押しで"一気に"上げてしまったパターン。

その点で、前が最後まで続かず→差し馬が台頭した雰囲気だし、好位から残った
馬に関しても、3~4コーナーで通過順を3→5と下げているマリアエレーナの
ように、内からじっくりと進めていた形。脚の使い所の問題は大きかった。

適性的には、後半でしっかり上げる必要があったことは間違いないので、基本は
"切れ"ということになるが、溜めを効かす必要がある&脚を使い切ってから→
止まらない…という部分で、一定の持久力も問われた印象。

ダイナミックなリズムの中で、2000mよりも少し長めの距離をこなせるタイプに
向いたイメージではあるし、この先の上げ下げを考える上でも、そこは少し気に
しておきたい感覚にはなる。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ルビーカサブランカ
インでじっくり→直線も内寄りで真っ直ぐに力を使っての勝利。まずは武豊Jの
好騎乗だったと言えそう。
もちろん馬自身も、前走などでしっかりと地力を示していた訳だし、その実力は
普通に認めていいはず。
次は中山牝馬Sという噂なので、距離短縮がどちらに転ぶか?といったところ
だが、(これまでも含めた)内容的に長めの距離ではなかなか面白そうな存在。
当然秋まで、長い目で注目していきたい存在。

デゼル
適性的に、展開が上がりの方に寄ったことはプラスに働いただろうが、他の上位
よりも斤量を背負っていた訳だし、コーナー部分が速い展開で外からしっかりと
詰めた内容は十分に評価できる。
次がどこになるのかは分からないが、阪神外回りあたりなら、当然注目したい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。