2022年1月14日金曜日

シンザン記念@中京回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • ミドルペースから、多少の緩急がついた展開。
  • 一定の持久力&持続力&多少の切れが問われた。

シンザン記念結果

マテンロウオリオン1.34.1 34.9 03-04-03
ソリタリオ1.34.1 34.7 07-06-06
レッドベルアーム1.34.4 34.7 08-09-09
ビーアストニッシド1.34.4 34.9 05-07-06
デルマグレムリン1.34.4 34.5 12-12-12

天候:晴 芝:良
上り4F:47.1 3F:35.1
前半4F:47.0
12.6-11.1-11.5-11.8-12.0-11.9-11.5-11.7



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、形としてはコーナー部分が少し
落ち着きつつ→直線で加速という展開。

昨年がビッシリという展開だったので分かりづらいが、この時期の馬としては
道中水準は低くない。やはり一定の持久力は問われたと考えたい。

それを前提とした上での、(振れ幅は大きくないが)多少の緩急がついた展開
というところで、適性的には、持続力&多少の切れというレースだった。

脚質的には、一応は立ち回りが重要だったとは思うが、結果を見れば上がり3Fを
34秒台でまとめられた5頭が→そのまま掲示板を確保した格好。結局は、水準に
耐えられたかどうか?という部分で、上位の地力を信頼…としておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

マテンロウオリオン
好位インから→交わすだけ…という完璧な競馬だったが、上記のように余力勝負
という側面もあったし、やはり一定以上の地力があってこそ。
次は、より大きな緩急にどこまで対応できるか?を見たいところで、それ次第で
距離適性なども決まってきそう。じっくり観察していきたい。

ソリタリオ
外寄りから→上がりをまとめて、しっかりと詰めての2着。
相手とのコース取りの違いを考えれば、やはり評価できる内容…ということに
なるし、その実力はしっかりと認めておきたいところ。
この先は、どこまで末を伸ばせるか?という点に、まずは注目しておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事