2022年1月21日金曜日

日経新春杯@中京回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 道中締まった流れから→後半の仕掛けも早め…という展開。
  • 持久力&持続力が問われた。

日経新春杯結果

ヨーホーレイク2.11.7 34.4 09-09-09-09
ステラヴェローチェ2.11.8 34.7 04-06-08-08
ヤシャマル2.12.3 35.3 07-07-04-04
エフェクトオン2.12.4 34.9 12-12-12-12
アフリカンゴールド2.12.6 35.9 03-03-02-02

天候:晴 芝:良
上り4F:46.9 3F:35.1
前半1000m:60.2
12.5-11.9-11.6-12.2-12.0-12.4-12.2-11.8-11.4-11.8-11.9



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半はこの舞台としては落ち着いた入り方だったが、
その後はしっかりと落ち着いた場面がなく、高い水準を保つ展開で、上がりは
早めの仕掛けから→最後は右肩下がりの形。
(止まり切っていないのは、上位の強さ)

今回の特徴は、道中が淀みのない流れになったこと。
(最初の直線の長さによって→元々流れやすいコースだけに)前半も極端に遅い
という訳ではない中で、しっかりと溜められる場面がなかった。

縦長の隊列ではあったものの、後続も詰めるために高い水準のラップを踏んで
いる内容だし、仕掛けのポイントも早め。
持久力&持続力がしっかりと問われるレースだった。

脚質的には、少しでも控えた馬が優勢…とは一応言えそうだが、今回に関しては
結局は(荒れ馬場でのパワーも含めての)地力という印象。
上位2頭を筆頭に、この先の体力勝負につながっていく可能性はありそう。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ヨーホーレイク
道中を高い水準で進めつつ→上がりをしっかりとまとめての勝利。
後半は相手を目標にできたし、斤量面でも有利な立場だったが、パフォーマンス
的には十分な内容。まずはその地力を認めておきたいところ。
タイプ的には、持続寄り&パワー系…というイメージだし、(落ち着いて入り
つつ)道中~上がりという脚の使い方でこそ強い…という経歴からも、阪神の
長丁場あたりでも面白いかも。とりあえず動向に注目したい。

ステラヴェローチェ
これまでと比べれば積極的な競馬をしつつ、後半もしっかりとまとめての2着。
目標にされる形で負けはしたものの、斤量を背負う立場だったし、シンプルに
強い競馬だった。
同じ舞台ということで言えば、これを神戸新聞杯の時に示せていれば…という
気もしてしまうが、とりあえず、この先の古馬G1戦線を戦っていく上では、
大きな収穫にはなった。
どこかで戴冠はあっていい馬。今後どんなローテになるとしても、何はともあれ
順調に阪神2200mあたりにたどり着いて欲しいところ。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。