2022年1月23日日曜日

東海ステークス展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • ミドルペースから、道中が締まって→上がりは緩急のつく展開。
  • 持久力&持続力(&切れ)が問われる。
  • 予想◎デュードヴァン

過去のラップタイム

2021 12.7-10.9-11.8-12.2-11.7-12.1-12.7-12.2-12.9
2020 12.3-11.7-12.9-12.4-12.4-12.3-12.0-11.9-12.3 京都開催
2019 13.0-11.2-12.7-12.3-12.3-12.4-12.4-11.6-11.9
2018 12.7-11.1-12.9-12.8-12.0-12.2-12.7-12.4-13.0
2017 13.0-11.5-13.6-13.1-12.5-12.4-12.4-12.0-12.7
2016 12.9-11.7-13.2-12.8-12.3-12.2-12.6-11.7-12.5
2015 12.9-11.0-12.8-12.2-12.3-12.2-12.3-12.0-13.2
2014 12.6-11.2-12.4-12.1-12.1-12.1-12.7-12.2-13.0
2013 12.6-11.0-12.4-12.2-12.2-12.4-13.0-12.5-12.7

過去9年の平均ラップタイム(2020年は除く)
12.80-11.20-12.73-12.46-12.18-12.25-12.60-12.08-12.74
1.51.03



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、道中はかなり締まった展開に
なり、4コーナーで一旦溜めつつ→~直線で加速して、最後は一応しっかりと
落ち込む形。

ここの特徴は、まずはやはり道中の厳しさで、当然高い水準の持久力が問われる
ことになり、過去のレースでも、G1(好走)級の馬が普通に勝ち負け…という
結果が多くなっている。

また勝負所では、キツい4コーナーによって一旦減速しやすい構造になっている
ことから、単純に道中~上がりで持続すればいい…という訳ではなく、再加速の
ために、上り坂の区間である程度しっかりと脚を使う必要がある。
そのことが余計に(一定以上の切れを併せ持つ)G1馬に向くのかも知れない。


好走の条件
・高い持久力&持続力を備えていること
・(切れがあること)



予想


◎デュードヴァン
昨年ここでは4着。その時は後方から進めて、4コーナーでは大外をぶん回した
格好だったが、それでも直線ではしっかりと脚を伸ばした内容。
自身が道中で踏んだ水準もかなり高く、その地力は十分に認められる。
枠的に今回は1年前とは真逆。初騎乗の鞍上がどのような競馬をするのか?は
分からないが、ロスのないコース取りから→直線で上手く捌けるようであれば、
可能性としては十分あって良さそう。妙味込みで、ここは推し切ってみたい。

○ブルベアイリーデ
BSN賞は、道中を高い水準で進めつつ→しっかりと押し通しての完勝。
その時のパフォーマンスで考えれば、ここでも普通に上位扱いになる。
同じ中京ということで言えば、シリウスSは、あと1つ脚を伸ばせず…という
3着だったが、距離延長してきたタイプ的には、1900mよりもスピード方向に
寄る1800mというイメージだし、ここで前進を見せる可能性はあっていい。
外寄りの枠で得をするタイプか?と言えば微妙だが、一応頭まで。

▲オーヴェルニュ
昨年はここで勝利。その時は(前半〜)道中をかなり高い水準で進めつつ→押し
通した格好で、パフォーマンス的にはやはり上位扱いになる。
前走チャンピオンズCは、馬群の中から進めて、勝負所でハッキリと遅れを取り
つつも→最後は外に持ち出してジワジワと詰めた6着。その内容から、もっと
前傾で上がりが掛かる展開になれば…という条件はつきそうなので、推し切れ
ない部分はあるが、当然注目はしておきたい。

注プリティーチャンス
上位がその後のG1でそこそこ爪痕を残している、みやこSで4着。
その時は早仕掛けの展開で、位置取り的にハマった部分もあるのだが、単独で
考えれば、道中〜上がりをかなり高い水準で進めていて、そのパフォーマンスは
ここでも十分上位に扱える。
人気は甘すぎるし、ここでは大いに注目してみたい感覚になる。

△グレートタイム
昨年ここでは5着。その時は中団のインから進めて→なだれ込んだ格好だが、
レース自体が厳しく、自身も高い水準のラップを踏んだ内容になっているし、
地力は十分に認められる。
今年も内枠を引いて、その再現はあってもいいだろうし、上手く立ち回りつつ
→好走する可能性は考えたい。相手には。

△サンライズホープ
チャンピオンズCは、(自身)前半〜道中で一貫した脚の使い方から→上がりは
粘れず…という内容。大きな走りで、正直なところ忙しさがあった印象だし、
本質的にはもっと長い距離などで、ゆったりと走った方が良さそうな気はする。
スムーズに進められることが大事なタイプなので外枠はプラスに働きそうだが、
この舞台ではもう1度見てから…という意味で、評価はここまで。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。