2022年4月28日木曜日

フローラステークス回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • まずまずの前半から、一旦しっかりと溜めつつ→大きく加速する展開。
  • 一定の持久力&切れが問われた。

フローラS結果

エリカヴィータ2.00.4 34.0 04-04-04
パーソナルハイ2.00.5 34.9 01-01-01
シンシアウィッシュ2.00.5 34.5 02-02-02
マイシンフォニー2.00.8 34.2 06-06-06
ルージュエヴァイユ2.00.8 33.6 12-11-11

天候:雨 芝:良
上り4F:47.6 3F:34.8
前後半1000m:60.2-60.2
12.9-11.6-11.4-11.8-12.5-12.6-12.8-11.6-11.4-11.8



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半はまずまずの入り方&なかなかスピードが落ちない
流れから、道中は一旦緩む展開。そこから勝負所で大きく加速する形。

今回は、(縦長の隊列ではあったが)前半部分である程度は引っ張られた格好。
一定の持久力は問われた…とは言えるし、それを前提としての、"切れ"という
レースになった。

脚質的には、引っ張られつつの→緩急という展開なので、もう少し差し馬が台頭
してもいい気もするのだが、今回は好位の馬がハッキリと優勢になった。

原因としては、開幕週という部分と、緩んだ3~4角でも馬群がそこまで凝縮
せずに後ろがじっくりと構え過ぎたこと、(草丈が長めの芝での)降雨で末脚を
伸ばしづらくなったこと…といったあたりか。

本番に向けては、上位の一定の地力は認められるものの、水準としてはもう少し
欲しいし、その点では他のレースと合わせて考えたいところ。
あとは後ろから浮上し切れなかった馬の巻き返しにも、一応注目はしたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

エリカヴィータ
位置取り的には恵まれた方だが、最後をしっかり伸び切って→交わした内容。
新馬戦も含めて、ラストの強さは認められる。
本番では、水準の部分でもう少し上げてくる必要はあるが、敗因がハッキリと
している前走を除けば、一応底を見せていない扱い。
さらなる前進を示す可能性も視野に入れつつ、注目はしておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。