2022年4月28日木曜日

マイラーズカップ@阪神回顧(ラップ分析)2022


まとめ
  • 前半~道中がかなり締まった展開。
  • 高い持久力&持続力が問われた。

マイラーズC結果

ソウルラッシュ1.33.3 34.1 13-13
ホウオウアマゾン1.33.4 35.3 02-02
ファルコニア1.33.4 35.1 04-03
ベステンダンク1.33.7 36.2 01-01
エアロロノア1.34.0 35.2 11-09
レッドベルオーブ1.34.0 35.2 10-09

天候:曇 芝:稍重
上り4F:47.2 3F:35.8
前半4F:46.1
12.5-10.7-11.4-11.5-11.4-11.7-11.6-12.5



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半まずまず速い流れから、道中もビッシリと締まった
展開になり、上がりは(多少の緩急は付きつつも)しっかり落ち込む形。

極端過ぎる昨年ほどではないが、今年も前半~道中の水準がかなり高くなった。
1頭が少し離した隊列ではあったが、後続もしっかりと引っ張られた扱いだし、
適性的には、やはり持久力&持続力が問われた。

脚質的には、後続の内容を細かく見ると、(勝ち馬以外は)道中で脚を使って
→上がりは止まりながら…という形になっている。高い水準の流れに削られて
末を伸ばせず、その結果、好位の馬も残ることになった…という雰囲気だが、
どちらにしても今回はごまかしが利かず、地力が反映された印象ではある。

本番に向けては、この前傾の展開が適性的につながるのか?というのはあるが、
メンバーの中で唯一しっかりと上がりをまとめた…というのがソウルラッシュ。
同馬に関しては、可能性は十分あっても良さそうに思える。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ソウルラッシュ
他の差し馬が一様に脚を削られて→浮上し切れなかった中で、1頭だけしっかり
末を伸ばしての差し切り。持続力の方に寄った適性が向いた部分はあったかも
知れないが、その力は当然認めておきたいところ。
今回は後ろからだったが、(スタートが決まれば…というのはあるが)本来は
前半からもう少し脚を使う形でも問題のないタイプ。
その点で、安田記念のスピードにも耐えられる可能性はありそうだし、絶対的な
時計面への対応次第では、面白い存在になるかも知れない。注目はしたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。