2022年4月9日土曜日

阪神牝馬ステークス展望(ラップ傾向&予想)2022


まとめ
  • ミドルペースから→しっかりと加速する展開。
  • 一定の持久力&切れが問われる。
  • 予想◎ジェラルディーナ

過去のラップタイム

2021 12.4-11.2-11.5-12.0-11.7-10.7-10.8-11.7
2020 12.3-10.8-11.4-12.0-11.9-11.2-11.7-11.6
2019 12.5-11.1-12.0-12.3-12.1-11.0-11.0-11.6
2018 12.9-12.0-12.3-11.9-11.9-11.0-11.1-11.7
2017 12.5-11.5-11.6-11.9-11.8-11.2-11.8-12.0
2016 12.8-10.8-11.6-11.9-11.8-11.1-11.3-11.8

過去6年の平均ラップタイム
12.57-11.23-11.73-12.00-11.87-11.03-11.28-11.73
1.33.45



ラップ傾向

(過去記事の一部修正)

過去の平均ラップタイムを見ると、前半~道中はミドルペースくらいの流れで、
そこから勝負所で一気に加速→上がりは速いラップの中で一応右肩下がりの形。

とりあえずここでは落ち着いた入り方からの→上がり勝負が基本。勝負所での
加速も大きくなるし、適性的にはやはり切れが問われる。

ただし道中に関しては、速くはないが極端に遅くもないそれなりの水準で流れ、
尚且つ早い段階で一気に脚を使い切る格好になるため、直線は(多くが同じ脚に
なって→)惰性的な戦いになりがち。

最後まで息を持たせられる一定の持久力と、フットワークや脚元の効率面も一応
重視しておきたいところ。


好走の条件
・切れ&一定の持久力があること



予想


◎ジェラルディーナ
京都記念は、仕掛けの部分は無理をしていないものの、後半で速いラップを刻み
続ける展開の中で、外を大きく回しつつ→浮上しての4着。力は示した。
ここ2走は内回り戦だったが、持ち前の大きなフットワークを活かす…という
意味では、長い直線で前進を示す可能性は十分ありそうだし、実際に西宮Sの
道中~上がりで示したパフォーマンスならば、まとめて交わせても良さそう。
デビュー後にマイルを4戦して、結局1つも勝てていない…というのはあるが、
覚醒後は走っていないのも事実。今の状態なら、やはり面白そうではある。

○アカイトリノムスメ
エリザベス女王杯は、前半がかなり速くなった流れの中で、高いポジションから
進めつつ→最後が少し苦しくなった格好。はっきりと後ろの馬が浮上したレース
なので、内容的にその負けは全く問題にならないはず。
決め手(のみ)で勝負するというより、総合力で勝負するタイプではあるため、
どちらかと言えば本番向きの印象にはなり、ここは絶対とはならないし、本命は
相手に譲るが、やはり格好はつけてくるものとして扱いたい。

▲デゼル
昨年はここで勝利。その時は、レース自体の上がりが速い展開の中で、終いを
しっかり伸び切る形での差し切り。決め手勝負での強さは間違いない。
前走・愛知杯も、斤量を背負う立場ながら、外を回しつつ→しっかりと詰めて
いて、状態は良さそうだし、ここも十分に力は出せそうな雰囲気。
可能性としては、やはり頭まで考えておきたい。

注マジックキャッスル
昨年ここでは2着。その時は馬群の中で進路を探しながら…と、スムーズさを
欠いていたし、内容を考えれば十分に評価できる走りだった。
近走の結果からはやはり状態が気になるところだが、とりあえず前走の愛知杯に
関しては、後傾の展開の中で直線は前が壁…の状態だったし、パフォーマンス
的には特別に悪くはなかった。巻き返す可能性は考えておきたい。

△アンドヴァラナウト
愛知杯は、馬体を増やしていた格好だが、さすがに負け過ぎ感はある。
その点でここは、とりあえずは状態次第…となるが、キビキビとした走りをする
タイプで、マイルに短縮することはプラスに働く可能性があるし、切れ方向の
レースに対する適性は元々高い馬。ロスのない立ち回りから→上がりをまとめる
形で、巻き返す可能性は考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。