2022年4月17日日曜日

皐月賞展望(予想)2022



予想


毎度のことながら、ぶっつけの組と前哨戦を使った組では2歳時⇔3歳春の
パフォーマンス比較になるため、数字的な評価は難しくなっている…。

⇒一定以上の裏付けを持っていることを前提に、デビュー後の間もない時期に
見せたインパクトを重視するしかないのかも。


◎キラーアビリティ
4番人気だが、とりあえずこの舞台に限って言えば暫定王者。
そのホープフルSは、締まった展開の中で、自身も道中を高い水準で進めつつ
→上がりをまとめての勝利。そこで示した高い地力と、小倉での後半突き抜けた
内容を合わせて考えれば、実力&適性ともに当然の上位扱いになる。
気性的な難しさがある…ということなら、次よりもここ!だろうし、折り合い面
から言えば、この馬にとっては枠も悪くないはず。期待しておきたい。

○イクイノックス
(見た目には)どこまでも伸びていくような抜群の推進力があって、とにかく
デビュー2戦で示したインパクトは大きい。
個人的にも、元々は負けるまでは本命…という感覚ではいたのだが、さすがに
このぶっつけでいいのか?とはなり、その点では明確な答えは出ない…。
本質的には、やはり東京の坂上でこそ、最も持ち味が活きそうなイメージには
なるし、迷った末に→今回は自重して相手に譲っておく。

▲ジオグリフ
ここ2戦はそれぞれスピードと切れのレースで、この馬向きとは言えなかった
のだが、崩れることはなく、まずまずの対応を見せた。
本質としては、(締まった展開の中で1頭止まらずに突き抜けた)札幌2歳Sで
見せたような部分だろうし、引っ張られつつ→持続力が問われるここでは、適性
面での前進が見込めるはず。
流れが極端に厳しくなった場合、可能性としては頭まであっても良さそう。

注アスクビクターモア
とりあえず中山では負けなし。前走は、早仕掛けの展開の中で、ペースアップ
にもしっかりとつき合いつつ→最後まで持続させての押し切り。
未勝利戦も含めて、長い脚という部分ではここでも威張れていい…という存在。
今回、田辺Jがどのような競馬をするか?だが、仮に流れが速くなった場合に、
位置取り的に柔軟に対応できるようなら、好走の可能性は十分にありそう。
騎乗も含めて、注目はしておきたい。

△ドウデュース
マイルG1馬。スピードへの対応は当然示していて、中距離でもしっかりと末を
伸ばせていることから、とりあえず適性面では問題はなさそう。
同舞台の前走では、少しキビキビとした走りには見えたので、この距離だと立ち
回りが重要になる気もするし、馬場との兼ね合いで、枠がどちらに転ぶのか?
というのはあるが、やはり相手にはしっかり考えておきたいところ。

△デシエルト
若葉Sは、道中を高い水準で進めつつ→上がりをまとめての押し切り。
そのパフォーマンスは単純に高く、ここでも十分上位に扱える。
元々はダートからの馬だし、パワー系で、スピードの部分でどこまで対応できる
のか?というのはあるが、その抑え切れないような”馬力”は、なかなか魅力的に
映る。相手には考えてみたい。

△ダノンベルーガ
共同通信杯は、ある程度流れに乗りつつ→直線でしっかりとした決め手を発揮
しての勝利。新馬戦の内容も含めて、その性能の高さは間違いのないところ。
現時点では、道中水準の部分で裏が全く取れていないため、人気ほどの信頼は
正直できないが、未知というだけで、本来対応できる可能性はもちろんある。
とりあえず、ここで見極めたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。