2009年12月20日日曜日

朝日杯FS展望 2009


予想
道中の裏付けが取れていて、尚且つ上がりでもしっかりした脚を使えるような
馬が何頭もいた昨年と比べたら明らかに低レベル。
レベルの低さによるスローペース戦がそろそろ板についてきた今年の流れを
考えると、ここもその可能性はかなりありそう…。
となれば、少しくらい道中が物足りなくても、ある程度好位のポジションから
しっかり上がりをまとめられるようなタイプを選べば十分なのかもしれない。

◎エイシンアポロン
かなりの持続力を持っていて、速い流れへの対応はデイリー杯で証明済み。
ただし道中で少し溜めを作りたいタイプなので、持ち味を活かすには、昨年の
セイウンワンダー&フィフスペトルに近い形が再現できればベスト。
そのためには前半の早い段階で如何にいいポジションを確保できるかが重要で、
この枠から都合良くそれが出来るかどうか…鞍上の手腕が問われるところ。

○キングレオポルド
締まった流れへの対応という点では内容的にまだ足りないが、気性的な問題で
今までのレースでは道中でのロスがかなり目立っていて、むしろ速いペースに
なった方が競馬はしやすそう。
枠的にもいいところに入ったので、上手く流れに乗って道中内で折り合えれば
頭まで十分あり得る。

▲ローズキングダム
距離未経験、というよりも締まった流れ自体が未経験で、ここの流れに戸惑わ
なければ…という条件はつくが、前走の1800mという距離で相手をねじ伏せた
競馬は魅力的だったし、タイプ的に終いだけの馬とも思えない。
少し不器用そうに見える点が中山でどうかというのはあるが、将来的な可能性
という意味も含めて。

注ニシノメイゲツ
前走は明らかに切れ負け、締まった流れに対する裏付けという意味では2走前の
芙蓉Sでメンバー屈指のものを示している。
したがって本来はもっと上の評価でもいいのだが、大外枠をどう捌くのかという
点と、決め手に欠ける点を少し割り引いた形。

△トーセンファントム
昨年同じ臨戦過程を踏んでこの舞台で3着したブレイクランアウトと比較しても
今のところ見劣っていないだけのパフォーマンスは示している。
それでも結局速い道中に対する裏付けが取れていないことは変わらず、前者に
対しても機動力で見劣る点は否めないので、この人気を背負って外枠からでは
敢えて狙いたいとは思わない。

△ヒットジャポット
上がりには限界がありそうなタイプだが、前走の道中~上がりの内容はここでも
通用するくらいのパフォーマンスを示している。
ただし馬体的にはまだまだ緩いイメージが拭えず、前半から本当に速いペースで
引っ張られて、それに対応できるかは少し疑問が残る。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事