2009年12月16日水曜日

阪神JF回顧 2009


レース総括
■ミドルペースから道中が緩む形の上がり勝負
■切れが問われた


阪神JF結果
アパパネ1.34.9 34.3 10-10
アニメイトバイオ1.35.0 34.8 07-07
ベストクルーズ1.35.1 34.3 11-12
ラナンキュラス1.35.2 34.7 09-10
シンメイフジ1.35.3 34.4 15-13
タガノエリザベート1.35.3 34.0 18-18

天候:曇 芝:良
上り4F:47.6 3F:35.3
前半4F:47.3
12.2-11.0-11.9-12.2-12.3-11.8-11.1-12.4




レース詳細
ラップタイムを見れば、前半はミドルペース、道中はある程度緩む展開で、
上がりではしっかり加速する形。

例年前半に偏った展開になりやすいレースではあるが、今年の場合はコース
平均に近い、前後半ほぼイーブンという形になっていて、持久力というよりも
切れが重視されたと言えそう。

また今回のラップは見た目は昨年のラップを踏襲するような形になっているが、
昨年の方が少し時計の掛かる馬場だったことを考えると、過去4回の中でも前半~
道中の水準が最も低く、その割りには上がりが伸び悩んだという印象を受けて、
レースレベルに関しては少し疑問を抱きたくはなる…。

もちろんこの水準でも厳しくなる馬も多く存在するのだから、同世代との横の
比較では対した問題ではないのかもしれないが、それでも個人的には全く別の
路線からの大物を待ちたい感覚…。
(既に候補は存在するだけにその可能性は十分だとは思う)


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アパパネ
前走と比較すれば、道中が少し速くなって上がりが少し削られたという内容。
とにかく瞬間的な切れ味は相当なもので、この展開でのパフォーマンスとしては
全く文句のつけようもないが、前回も今回もラスト1Fが少し落ちている点から
末脚の持続力には不安がある…という可能性もあって、更に来春以降に向けては
もう少し道中が厳しくなる展開でどこまで出来るかを見極めたいところ。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事