2009年12月14日月曜日

中日新聞杯回顧 2009


レース総括
■前半速く、一旦落ち着いてから、ある程度速いラップを刻み続ける形
■スピード持続力が問われた


中日新聞杯結果
アーネストリー1.57.4 35.5 05-05-03-03
ドリームサンデー1.57.5 35.9 01-01-01-01
チョウカイファイト1.58.0 35.4 11-11-12-12
トーセンジョーダン1.58.0 35.4 15-14-12-08
レオマイスター1.58.4 36.2 06-06-06-04

天候:晴 芝:良
上り4F:47.5 3F:35.8
前半1000m:58.4
12.3-10.6-11.1-12.3-12.1-11.5-11.7-11.9-11.8-12.1




レース詳細
ラップタイムを見れば、最初の直線がかなり速くなり、1~2コーナーで一旦
流れが落ち着いて、向こう正面で再度スピードアップする展開、その後は一定の
スピードを保つような形でゴールを迎えた。

今年のレースは異常に速い馬場で行われたため、速いラップの額面通りの負荷が
掛かっているとは思わないが、前半+向こう正面の(実際の)速いスピードに
よって、後続の(特にスタミナタイプの)脚が消されたという側面がありそう。

つまり今回は例年のような持久力というよりも、1600~1800mで問われるような
スピード持続力が必要だったと言えて、実際に上位にはここよりも短い距離での
活躍が目立つタイプが多く入った印象を受ける。

したがってこの先、特に2000m以上の距離においては、今回好走出来なかった
持久力タイプの巻き返しに期待するとともに、逆に好走したスピードタイプの
割引きが必要になるかもしれない。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

アーネストリー
この馬の場合、上記したような流れが向いたという訳ではなく、元々持久力を
活かしたいタイプなので、むしろ速いスピードへの対応という点で能力的に
更新してきた…という形。
勝負所での切れなど、まだまだ物足りないところはあるものの、地力の面では
このメンバー相手なら一歩抜けている印象。

ドリームサンデー
この馬のスピード持続力を活かし切ったという形だが、向こう正面でペースを
上げて後続の切れを消していたり、鞍上のファインプレーという面は大きそう。
とにかくこの週末は秋山Jの逃げがかなり目立っていて、開幕馬場を味方に
つけた戦略が本当に光っていた。

チョウカイファイト
スピードに偏った展開、じっくり待っての直線勝負という内容、少し嵌った感は
どうしても否めず、もう1度この距離なら疑って掛かりたい感覚。

トーセンジョーダン
最後方から進めたのは予想外だったが、ある程度速いスピードで流れる展開を、
3~4コーナーで押し上げる内容で4着まで来ているのは評価できる。
そもそもが本来はもう少し地力を活かしたいタイプなので、今回はそれほど
向いていない展開に能力で対応したという面がありそうで、当然次戦以降、
適鞍での巻き返しは期待できる。

ナカヤマフェスタ
持久力を活かしたいタイプで、これだけ11秒台を刻まれるとさすがに厳しい。
それでも能力自体は高い馬なので、当然距離延長など、もう少しスタミナよりの
レースでの巻き返しは期待できる。
個人的にはAJCCの舞台で待ちたい。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事