2010年1月24日日曜日

平安S展望 2010


過去のラップタイムは以下の通り。

2009 12.3-11.2-12.4-12.8-13.0-12.7-12.5-11.7-11.8
2008 12.5-11.2-12.4-12.4-12.8-12.3-12.2-12.3-12.9
2007 12.3-11.5-13.4-12.9-12.1-12.2-11.8-12.3-12.5
2006 12.2-11.2-13.0-12.8-12.8-12.7-12.0-11.5-12.0
2005 12.2-10.7-12.8-12.4-12.8-12.7-12.1-12.2-12.4
2004 12.4-11.7-12.7-12.3-12.6-12.3-12.4-12.4-12.5
2003 12.2-11.5-12.3-12.0-12.2-12.2-12.0-12.3-13.0
2002 12.1-11.5-12.7-12.3-12.4-12.4-12.0-12.4-13.1
2001 12.2-11.4-12.5-12.3-12.4-12.1-11.9-11.8-12.1
2000 12.3-10.7-12.3-12.3-12.5-12.3-12.3-12.5-12.6

過去10年の平均ラップタイム
12.27-11.26-12.65-12.45-12.56-12.39-12.12-12.14-12.49
1.50.33




傾向
ラップタイムを見ると、前半はミドルペース~やや速いくらい、道中は少し
落ち着いた流れになり、3コーナーから徐々に加速しつつ、上がりはある程度
速いスピードを維持する形。

以前は道中が締まった展開になることが多かったレースだが、近年に関しては
道中で一旦息が入る展開が多くなっていて、上がりでのスピード持続力勝負
という形になりやすい。

この展開では、(持続力を持っていることは条件になるが)道中で比較的楽を
しやすい先行馬有利となり、差し馬がこれを覆すには相当な力量が必要。
(実際にメイショウトウコンやサンライズバッカスというG1級のスピード&
持続力を持った馬でなければほとんど馬券には絡めていない)


好走する条件
・持続力があること


予想
アドバンスウェイ&ウォータクティクスというどうしてもハナを奪いたい
タイプがいるので、かなり速くなりそうな雰囲気はある。
その2頭がどこまで粘れるかというのは問題だが、イメージ的にはそれを
少し離れて静観できるポジションにつける馬…というのが理想的。

◎トーセンアーチャー
ある程度長い脚が使える馬で、トパーズSでは道中で外目をかなり追い掛けた
内容だったのでアドバンスウェイは残したが、今回は内をロスなく周ってくれば
十分逆転は出来るはず。

○ダイシンオレンジ
ハイペース耐性は十分あって、前の2頭がやり合うのを直後で見ながら…という
理想的なポジションから進められるのは大きい。
道中では少し溜められる瞬間が欲しいところだが、それが出来れば突き抜けても
納得できる。

▲ダイショウジェット
持久力が高くバテないタイプで、厳しい展開でこその馬。
ハイペースで他の馬が止まるような展開なら最後に突っ込んできそう。

注アドバンスウェイ
おそらくハナは切れるだろうし、後続の脚を消すくらいのスピードで引っ張れば
上位に残れる可能性も十分だが、終いのスピードを主張できる馬ではないだけに
下手に道中で楽をしたりすれば普通に差されそうな雰囲気。

△ウォータクティクス
アドバンスウェイがいるので自分の形に持ち込める見込みが少なそう。
もしハナを切れても勝負所でもう1段階の加速できるタイプではないので、
どうしても何かしらには差されるイメージ。







0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事