2019年3月12日火曜日

2019年3月9・10日 中京ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※金鯱賞の簡単な回顧あり
土曜1R ヒイナヅキ
日曜4R ロードゼウス、クロランサス、スティーン
日曜8R エンパイアミライ
日曜11R ダノンプレミアム、リスグラシュー

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R

ヒイナヅキ
斤量は軽いが、一応まずまず高い水準での完勝。一定の地力は認めたい。

2R


3R


4R


5R


6R


7R


8R


9R


10R


11R


12R




日曜


1R


2R


3R


4R

細かく緩急が付きつつ、全体としての水準はまずまず高い。
勝ち切ったロードゼウス、初出走で好走したクロランサススティーン
地力はとりあえず認めておきたい。

5R


6R


7R


8R

エンパイアミライ
雨で脚抜きが良くなっていたことを考えても水準高め。地力は認めていいはず。

9R


10R


11R



雨で馬場が悪化してきてはいたが、まだ平均くらいには保っていた状況。
それを考慮してラップを見ると、前半はある程度速いが、道中は一旦しっかりと
緩んだ展開。そこから後半大きく加速する形。
(一応引っ張られている分)一定の持久力と切れが問われた。

※この開催は、1月に使われていないAコース部分が良く、Bコース部分が回復
しきれていない印象だが、雨でそれがより強調されていた…という雰囲気。

ダノンプレミアム
ある程度好位のインから、溜め→切れという形で押し切り。
道中でしっかり息は入れられたし、馬場のいい内を進んだというのはあるが、
長い休み明けで、スタート直後も一応脚は使った内容。
直線での推進力も(まだまだではあるが)しっかり見られたし、これは素直に
評価して良さそう。
よりスピード方向になっての前進も見込める馬。当然期待はできる。

リスグラシュー
前半引っ張られつつ→溜めが入る…という展開に対しては、位置取り的にはまった
部分もあるが、直線は(キックバックが目立つ)最も伸びづらいコースを通った
内容での浮上。とにかく充実。当然、次戦以降の期待も大きくなる。

12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事