2019年5月14日火曜日

2019年5月11・12日 東京ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※京王杯SCの簡単な回顧あり
土曜6R ウォータースペース
土曜10R ヴァントシルム、タイセイトレイル
土曜12R アメリカンファクト
日曜8R ダイワメモリー他

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R

ウォータースペース
前半ある程度速い入り方から→上がりをしっかりとまとめる形。
水準もまずまず高く、完勝した地力はやはり認めたい。

7R


8R


9R


10R

道中が極端に締まり、上がりも長い脚を使う展開。高水準。
離れた4番手から→しっかり捕まえに行って差し切ったヴァントシルム
この展開にしっかりつき合って→粘り込んだタイセイトレイルの地力は
当然認めておきたい。

11R



ある程度締まった流れの中で、一旦溜めが入る形。持続力&一定の切れの戦い。
とにかく馬場が速く、あまり後ろからでは難しくて、中団までのポジションで
それなりに流れに乗りつつ→上がりをしっかりまとめた馬が上位。

タワーオブロンドン
展開に対する位置取りがピッタリはまった部分もあるが、最後はしっかりとした
"脚"で他の馬を上回った格好。この舞台への適性は相当に高そう。
本番に向けては、やはり気になるのはフットワークの部分。今回も"頑張って"
脚を使ったイメージで、少し細かい動きには見えたので、1Fの延長がプラスとは
なかなか言いづらい。(そもそも大変な2頭がいるので、適性云々以前の問題の
方が大きいのだが…)
むしろスピード耐性の部分が問題ないのであれば、近年"上がり"が重要になって
きている、6Fで1度見てみたい気もする。どちらにしろ、注目はしていきたい馬。

12R

アメリカンファクト
厳しい展開を好位からしっかり押し通しての完勝。水準もまずまず高い。地力。



日曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R


7R


8R

1頭が飛ばしたものだが、前半~道中が極端に速く、水準は高い。
ダイワメモリーを筆頭に、上位の一定の地力は認めておきたい。

9R


10R


11R


12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事