2021年4月29日木曜日

フローラステークス回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • (実質)淡々とした流れから→しっかりと加速する展開。
  • (一定の持久力&)切れが問われた。

フローラS結果

クールキャット1.59.4 33.4 04-04-04
スライリー1.59.6 33.8 03-02-02
ユーバーレーベン1.59.6 33.2 09-08-10
メイサウザンアワー1.59.6 33.6 04-04-04
ウインアグライア2.00.0 33.9 06-06-06

天候:曇 芝:良
上り4F:46.4 3F:33.8
前後半1000m:60.2-59.2
12.5-11.4-11.3-12.1-12.9-12.8-12.6-11.3-11.0-11.5



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ある程度速く、その分道中はかなり緩んだ展開。
そこから勝負所で大加速する形。

もちろん今回は、前半1頭が離して逃げた格好。2番手以降で考えれば、前半~
道中を一定に近い水準で進めつつ→決め手という内容になっている。

額面上、緩んでいる区間では後続はジワジワと詰めていて、道中は(速い馬場を
考慮しても)遅いとは言い切れないので、一定の持久力は問われたと思うが、
やはり"切れ"というレースではあった。

脚質的には、(離れた)好位の馬でも上がり3Fは33秒台。そうなっては後ろの
馬はノーチャンスに近く、基本は前が有利に。

本番に向けては、追走部分の水準を、もう1~2段上げてくる必要があるので、
他のレースによる地力の裏付けがあれば…といったところ。
とりあえずここは、性能面をシンプルに評価…という扱いにしておきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

クールキャット
ある程度ポジションを取りつつ、じっくりと進めて、勝負所でしっかりと加速
→押し通しての勝利。外枠からだったが、内枠のユーバーレーベンよりもロスは
少ないくらいの扱いだし、そこはさすがの鞍上といったところ。
馬自身に関しては、馬格があって、純粋な持久力を活かしたいタイプ的に、距離
延長&広い舞台がハマった印象だが、今回は性能面でもしっかり前進を見せた。
更なる距離延長も問題はなさそうだし、前走で示した地力と合わせて、本番でも
ある程度できる可能性はあるのかも。もう少し考えたいが、注目はしてみたい。

ユーバーレーベン
内枠発走だが、2コーナーの地点で外に出して、そこからは外を回した内容。
最後も好位の馬が残っている中で、唯一の差し浮上…という形での3着だし、
当然これは評価できる。
タイプ的には、もっと距離延長してもいいイメージだし、展開面でもハッキリと
引っ張られた方がいい…という馬。
単純に、可能性はあっても良さそう…という気にはなる。注目しておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事