2021年4月10日土曜日

ニュージーランドトロフィー展望(ラップ傾向&予想)2021


まとめ
  • 前半ある程度流れつつ→後半はフラットな展開。
  • スピード持続力が問われる。
  • 予想◎ドゥラモンド

過去のラップタイム

2020 12.3-10.9-11.0-11.7-11.7-11.7-11.9-11.8
2019 12.4-11.5-12.0-12.3-12.1-11.4-11.2-11.3
2018 12.5-11.1-11.6-11.9-12.0-12.1-11.6-11.4
2017 12.9-11.6-11.8-12.1-12.3-12.0-11.7-11.6
2016 12.2-11.0-11.7-11.7-12.1-11.8-11.7-11.7
2015 12.2-11.2-11.6-12.2-11.8-12.0-12.0-11.8
2014 12.2-10.8-11.0-11.7-11.9-11.8-11.8-12.1
2013 12.6-11.3-11.8-12.1-12.2-11.7-11.4-11.7
2012 12.1-10.6-11.3-11.6-12.0-11.7-12.0-11.9
2011 12.3-11.5-12.1-12.2-11.8-11.1-11.3-12.2 阪神開催

過去10年の平均ラップタイム(2011年は除く)
12.38-11.11-11.53-11.92-12.01-11.80-11.70-11.70
1.34.16



ラップ傾向

(過去記事の転載)

ラップタイムを見ると、前半ある程度速く流れて、道中は3コーナー辺りで少し
落ち着く展開。そこから勝負所で僅かながらの加速を示しつつ→終いまで一定に
近いスピードを維持する形。

ここでは、全体としてフラットな展開になるために、適性面で、とりあえずは
スピード持続力を備えていなければ話にならない。

また以前のこのレースには、将来的に1400mで活躍しそうなタイプの方が合う
…という印象があったのだが、近年は、前半~道中が少し落ち着く傾向にあって
(極端には緩まないが)、その点で、シンプルにマイラータイプの活躍も目立つ
ようになっている。

脚質的には、極端に後ろからではなかなか届かないので、好位or中団から押し
通せるようなタイプを中心に考えたいところ。


好走する条件
・スピード持続力があること



予想


◎ドゥラモンド
朝日杯は、直線は詰まり気味で全力で追えていない雰囲気だったし、その中で
バスラットレオンとは差のない競馬。パフォーマンス的には十分高かった。
前走は、物足りない結果ではあったが、道中高い水準で流れた中で、終始外を
回した格好。臨戦過程的に、実質フラットなマイル戦の後ではつながりづらい
部分はあったし、勝負所でそれなりの雰囲気から→上り坂でピタリと止まった
内容からも、再度の距離短縮で巻き返す可能性はありそう。期待してみたい。

○バスラットレオン
朝日杯は、主張しきれなかった部分はあるものの、レースを通して一定の高い
水準で進めつつ→なだれ込んでの4着。その時のパフォーマンスで考えれば、
ここではやはり上位扱いになる。
最後あと1つ押し通せるか?という部分で、勝ち切れるかどうか?はともかく、
地力的に、やはり格好はつけてくるはず。当然注目。

▲タイムトゥヘヴン
ここ2戦はハッキリとした上がり勝負だが、未勝利戦は、好位から道中を高い
水準で進めての→圧勝。その内容ならば、地力では上位に扱っていいだろうし、
距離短縮につながっても良さそう。
(絶対的な)スピードへの対応という部分では未知数だが、適性がハマって→
勝ち切る可能性も考えておきたい。

注ブルーシンフォニー
(早い段階から脚を使って→2着した)新潟2歳Sの高いパフォーマンスがあり
つつ、シンザン記念も、道中厳しいラップを踏んで→それなりに格好はつけた。
1400m戦を除いて考えれば、示している数字からは普通に上位に扱える存在で、
ここでも好走する可能性はあっても良さそう。
人気を落としていて、妙味も十分。注目はしておきたい。

△ヴィジュネル
2走前は、道中をまずまず高い水準で進めつつ→上がりをまとめての勝利。
その時の内容で考えれば、ここでも上位には扱える。
現状では、上に評価した馬とは1つ区別しておきたいところだが、走法的にも、
この手の舞台には合っている可能性がありそうだし、1つ更新があれば。

△シュバルツカイザー
同舞台のこの2戦は、真逆と言っていい展開で連勝。地力と性能の部分でともに
一定のものを示した格好だし、(合わせ技で)やはり評価はしておきたい。
大外枠に入った厳しさはあるが、前半無理をしない内容ならば、上位に食い込む
可能性はあっても良さそう。相手には。

△スパークル
パフォーマンス的には、あと1つ突き抜けられないところはあるが、未勝利戦の
ようなかなり厳しい展開も含めて、常にしっかりと好走。地力は高いはず。
走法的に、中山で得をするタイプという気はしないので、結局走ってみなければ
…だが、相手候補としてはやはり考えておきたい。

△アヴェラーレ
前走は、(結果的に)ワンテンポ遅らせた仕掛けになりつつ→最後伸び切っての
勝利。落ち着いた流れで、ここの水準に対しては結局走ってみなければ…とは
なるのだが、底を見せていない扱いではあるし、やはり候補には。
この舞台には合っているドゥラメンテ産駒。可能性は考えたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事