2021年4月29日木曜日

福島牝馬ステークス@新潟回顧(ラップ分析)2021


まとめ
  • 道中でしっかりと溜めて→勝負所で大きく加速する展開。
  • 切れが問われた。

福島牝馬S結果

ディアンドル1.46.9 34.2 01-01
ドナアトラエンテ1.46.9 33.7 06-06
サンクテュエール1.47.0 34.1 04-05
フィリアプーラ1.47.0 34.1 04-03
ムジカ1.47.1 33.9 06-06

天候:晴 芝:良
上り4F:46.3 3F:34.2
前半1000m:60.6
12.6-11.3-11.9-12.4-12.4-12.1-11.2-10.9-12.1



レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半ミドルペースから、道中は一旦しっかり緩む展開に
なって、そこから勝負所で大きく加速する形。

今回は、馬場は多少掛かる状況だったのでその水準はともかく、形としては、
ほとんどピッタリとコースの傾向通り…という格好。
適性的には、シンプルに"切れ"が問われた。

脚質的には、基本的にみんなが折り合いに専念したことで、さすがに好位の馬が
優勢に。後方からではどうしようもなかった雰囲気ではある。

この先に向けては、とりあえずは適性面での1つの裏付け…という扱いにして
おきたいところで、地力面では、やはり他のレースと合わせつつ判断したい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ディアンドル
中距離ではこれまで、前掛かりな内容から→粘る形のみを示していた馬が、溜め
逃げから→速い上がりを使っての勝利。適性的に大きく幅を広げた格好になる。
この内容を示せる…となれば、道中で極端に脚を使う形から→残った前走の意味
合いが違ってくるし、2戦の合わせ技で、東京マイルでも十分できて良さそうな
イメージになる。かなり面白そうな存在。

ドナアトラエンテ
前半~道中をほぼ一定の水準で進めつつ→決め手を発揮。最後はしっかり詰めた
ものの、僅かに及ばず…の2着。
この馬は、11秒台を刻み続けた調布特別の内容などから、もっと持続的な要素も
(合わせて)問われた方がいいイメージなので、この展開での負けは仕方ない。
次はどこに向かうのか分からないが、とりあえずはスピード方向のレースなら。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事