2021年5月22日土曜日

オークス展望(予想)2021



予想


今回のメンバーを見渡すと、途中からハナというケースはあるが、経歴の中で
逃げたことのある馬が皆無。それをジョッキーたちがどう捉えるか?にはよる
ものの、やはりある程度流れに乗りたいイメージにはなる。


◎ソダシ
ある程度長さのあるタイプで、とりあえず現段階での距離延長は問題なさそう
だし、パワー系に思えるタイプながらスピードレースにも対応。一定の切れ&
持続力を見せていて、尚且つ"惰性力"があって、坂上も問題ない。
穴はない…どころか、文脈からは最強!とはなる。
指数的にも、平均的にも常に安定して高く、最大値でももちろんナンバーワン。
今回、最大のライバルになりそうだった馬が何故だかおらず、逆転はなかなか
難しい…くらいに1つ抜けている扱いになる。
よくよく考えれば、昨年の3冠馬×2頭に匹敵するような、凄い歴史を目撃して
いる状況。当然の大人気だが、「ま、いっか」となった。素直に応援したい。

○ステラリア
前走は、道中を高い水準で進めつつ→上がりをまとめての勝利。地力を示した。
指数的な観点からは、最大値では桜花賞組には負けるが、超スローのデビュー戦
以外は常に高い数値を保っていて、平均的にはソダシに次ぐレベルで安定。
(唯一圏内を外したクイーンCも、内容⇔着差を考えれば全く悪くない)
東京で決め手を発揮した経験もあるし、馬体の印象からは、今回のメンバーの中
では距離適性はおそらく高い方。大外枠は微妙だが、注目はしておきたい。

▲アカイトリノムスメ
桜花賞は、締まった展開の中で、ある程度好位から→上がりをまとめての4着。
ソダシやファインルージュと比べると1つ距離を走った格好ではあるし、それを
考えればやはり十分に評価できる。
何だかんだ「まずは体力」というこのレースに対しては、あと20kgくらい馬体が
大きければ…というのはあるが、流れが落ち着いて→性能勝負に傾くようなら、
そこもクリアできる可能性はある。当然注目。

注クールキャット
フローラSは、外枠発走ながら、ポジションを取りつつ→極端なロスはしない
内容で、しっかりと上がりをまとめての勝利。
サイズ感があって、フラワーCの道中~上がりで示した高いパフォーマンスを
合わせて考えれば、この舞台(&距離)につながる可能性は十分ありそう。
今回は前走で好騎乗を見せたルメールJではないものの、武豊Jを確保しつつ、
内枠も引いた。中団までのインでじっくりなら、とりあえず面白そうではある。

△ユーバーレーベン
フローラSは、内枠発走ながら外を回してくる競馬をして、最後も唯一という
形での差し浮上。元々地力をしっかりと示している馬が、切れ勝負でも崩れなく
なっていて、やはり実力は上位扱いになる。
あとは位置取り。落ち着いた展開の中で、後方になった場合のリスクはやはり
あって、鞍上が道中で押し上げる手に出た場合(そうせざるを得ない場合)、
勝ち切るまでは少し難しいか…というところで、結果的には相手まで。

△ファインルージュ
桜花賞は、内からロスなく進めつつ→上がりをしっかりとまとめての2着。
締まった展開の中で、コース取りがハマった部分はあるものの、改めて地力を
示した格好になる。
タイプ的には、少し細かく脚を使うイメージなので、距離延長がどうか?という
のはある。その点でも内枠を引きたかったが、落ち着いた流れの中で、ある程度
ポジションを取る形なら、やはり残る可能性はあるのかも。

△ククナ
桜花賞は、後方ポツンという競馬から、道中でかなり脚を使いつつ→しっかりと
決め手を発揮しての浮上。際どく差し迫ったサトノレイナスあたりと比べれば
目立たないが、そのパフォーマンスは、距離延長に対して無視はできない。
桜花賞2着から→オークスでも3着した母からすると、少しこじんまりとした
イメージなので、実際この距離でどうか?というのはあるが、今回は最内枠を
確保したし、ロスのない競馬から→上位に食い込んでくる可能性は考えたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事