2021年5月15日土曜日

ヴィクトリアマイル展望(予想)2021



予想


微妙な雨予報。馬場の傾向がどう変わるのか?or変わらないのか?
そこは難しいが、とりあえずは、それなりに流れに乗りつつ→上がりをまとめ
られる…という、ここのセオリー通りの内容を示せそうな馬を中心に見つつ、
相手に関しては前後に広く考えておきたい。


◎グランアレグリア
さすがにここでは1枚も2枚も抜けている存在。
昨年の安田記念のパフォーマンスは果てしなく高く、その水準をマイルで示して
いるような馬は現役には存在しない。当然、最有力候補になる。
走法的に少しくらい馬場が渋っても問題はないし、馬体を見ても、動ぜず高い
レベルで安定している雰囲気。黙って推しておきたい。

○サウンドキアラ
昨年ここでは2着。アーモンドアイには離されているものの、そこが経歴の中の
最高パフォーマンスで、その内容は2番手以下の争いでは十分に威張れる。
前走・高松宮記念では、初の1200m&外を大きく回す形ながら、しっかり上位に
食い込んできたし、状態も問題はなさそう。
ここで一気に巻き返す可能性は十分あっていいはず。注目しておきたい。

▲テルツェット
ダービー卿CTは、速い流れの中で自身も道中で極端に脚を使いつつ→上がりを
まとめての勝利。斤量面で多少恵まれた部分はあるが、力は十分に認められる。
元々決め手はしっかり示している馬だけに、スピードへの対応が問題ないという
のであれば、ここの条件にもハマる可能性はあっていいはず。
スタートが決まれば…という部分はあるが、候補としてはしっかりと考えたい。

注レシステンシア
マイルCSで切れ負けしつつ→阪急杯&高松宮記念で距離短縮して結果を残した
形だが、どちらも一応後傾の内容。距離延長に対する含みは残している。
現状マイルで最後どこまで上げられるか?というのはあるし、今回は大外枠。
難しさもあるとは思うが、クリスティあたりの出方次第では前半が速く流れそう
だし、少しでも地力勝負の方に寄るのなら、好走の可能性は十分。やはり注目。

△デゼル
決め手&ある程度長さを感じさせるタイプ…というところで、このレース的には
"お客さん"になってしまいがちなイメージだが、前々走ではマイル水準と言える
速い道中に対応しているし、こなす可能性は一応ありそう。
差せる馬は差せる…という馬場にはなっているし、引っ張られる展開になった
場合に、やはり浮上する目は考えておきたい。

△ディアンドル
小倉大賞典では、道中で極端に脚を使う形で好走して、前走・福島牝馬Sでは、
溜め→切れという内容で勝利。それらの合わせ技で考えれば、ここの展開にも
対応する可能性はあっても良さそう。
ここでは(普通に先行するなら)前半でもっと脚を使うことになるし、結局は
走ってみなければ…だが、やはり上位にはピックアップしておきたい。

△マジックキャッスル
愛知杯は、道中をかなり高い水準で進める形で勝利して、阪神牝馬Sはこれまで
とは一線を画すような決め手を発揮しての浮上。とにかく近走は充実している。
中身の良さで勝負したいタイプではあり、本質的にはもう少し距離があった方が
持ち味を活かせるイメージで、スピードに寄り過ぎた場合にどうか?というのは
あるが、今の状態ならばやはり無視はできない。当然相手には。

△クリスティ
単独でも締めつけるタイプ的に、今回も展開の鍵を握りそうだが、淀みのない
流れを押し通した前走のパフォーマンスが思いのほか高く出ていて、指数的には
普通に上位に食い込んできている。
切れタイプのギアにトラブルを生じさせるような格好から→シブとく粘り込む
目は一応考えてみたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事