2021年5月8日土曜日

NHKマイルカップ展望(予想)2021



予想

馬場はやはり速いし、時計は出そうだが、人気どころが積極的に行く馬ばかり
という点で、展開面では波乱の要素もありそう…。

◎ルークズネスト
元々緩さのあったタイプが、前走では速いラップで逃げての→押し切り。
父モーリスも完成までに時間を要した馬ではあるし、もう少し掛かると思って
いたのだが、想像をはるかに超えてきた印象。とにかく1戦毎の上昇度が凄い。
そこで示したスピード(耐性)と、シンザン記念で示した持続力&未勝利戦で
示した切れを合わせて考えれば、ここでも普通に上位扱いになる。
大きな走りで、本質的にはやはりマイルという気はするし、坂上の惰性勝負でも
強そう…という点で、舞台に対しても適性はハマっていいはず。
このメンバーだとさすがに逃げる形にはならないだろうから、好位インから→
交わすだけ…という競馬で、勝ち切るイメージも湧く。期待しておきたい。

○グレナディアガーズ
示しているパフォーマンスでは、当然上位に扱える存在。
前走ファルコンSは、相手と比べて斤量を1kg余計に背負いつつ、内を空けて
距離を走った格好。その内容的にはここは巻き返しが期待できる場面だし、頭で
推す手ももちろんある。
しかし、馬格はそれほど…というタイプだけに、坂上が長いコースでは、最後の
惰性部分で分が悪くなる可能性もあって、それを克服するためにはやはりロスの
ない立ち回りが重要になる。その点で、もう少し内寄りの枠を引きたかった気は
するし、評価としては1つだけ控える。

▲リッケンバッカー
元々性能面はしっかり示していた中で、前走アーリントンCでは、前半から脚を
使わされつつも→上がりをまとめての2着。
そこで示した地力を合わせて考えれば、ここでも普通に上位に扱える。
今回前に行く有力馬が多く、ここで挙げている馬の中では最も後ろから進める
可能性は高そうだし、内寄りの枠も確保。中団前寄りのインでじっくり→満を
持して真っ直ぐに力を使う内容であれば、全てまとめての漁夫の利もあり得る。
評価は結局3番手までに止めるが、大漁旗を掲げる準備はしておきたい。

注ホウオウアマゾン
アーリントンCは、前半で脚を使いつつ、後半しっかりと上げての押し切り。
単純にそのパフォーマンスは高く、実力はここでも当然上位の扱いになるし、
溜め→切れというタイプ的に、ここのリズム自体には合っている。
本質的にはパワー系ながら、デイリー杯のスピード勝負も一応こなしていて、
道悪が絶対ということもおそらくない。
朝日杯のように(スピード)持続力特化というレースになると微妙だが、東京
ならば多少の変化はつくだろうし、好走の可能性はやはり考えておきたい。

△バスラットレオン
前走NZTは、この馬がいなければ前傾の展開になっていたレースを、1頭で
後傾戦に変換してしまった…という圧勝。その力は当然認めておきたいところ
だし、ここでもやはり上位扱いになる。
少し細かく脚を使うタイプ的に、東京がピッタリか?と言うと微妙なところは
あるので、1つ推し切れない感覚にはなるのだが、内枠を確保したし、無駄脚を
使わなければ、当然残る可能性はあっていいはず。

△ピクシーナイト
マイルの2戦は、ともに前傾の内容での→粘り込み。パフォーマンス自体は高い
ものの、東京ではもう少し末を伸ばしたい…という部分はやはりある。
ただしシンザン記念で見せたように、坂上の惰性勝負では強そうなタイプで、
その時のイメージ的には、この時期の馬場ならば何とかなる可能性も、全くない
という訳ではないのかも。
大外枠に入ってしまったので、結局は推し切れないのだが、一応注目はしたい。

△レイモンドバローズ
それまでは前傾の内容で→粘る形ばかりだった馬が、前走アーリントンCでは、
道中で一旦溜める形から→末を伸ばす形で好走。適性的に幅を広げたイメージに
なるし、その点では大きな収穫だった。
道悪で示した内容だし、結局はあと1つ上げられるか?という問題はあるが、
おそらく前走よりもここはもっと持続方向。
ロスのない立ち回りから→上位に食い込む可能性は考えておきたい。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事