2018年12月11日火曜日

2018年12月8・9日 中京ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※中日新聞杯の簡単な回顧あり
土曜6R テイエムオスカー
土曜11R ギベオン、ストロングタイタン
日曜8R エイムアンドエンド
日曜11R プラチナヴォイス
日曜12R 上位の実力

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R

テイエムオスカー
前半速く、後半もほとんど落ちない展開。少し掛かる馬場を考えると水準は高い。
斤量が軽く、直線内を突いた内容だが、一定の地力は認められる。

7R


8R


9R


10R


11R



(前半~)道中が極端に厳しい展開。その後、このコースの特徴とは逆に
コーナーが落ち着いて→直線で少し加速という形。持久力(&切れ)。
圧倒的に差し有利。

ギベオン
展開的には向いた格好だが、斤量を背負う立場で、厳しい展開を勝ち切った
こと自体、十分評価していいはず。
最後も一旦交わされた相手を差し返し、持ち前の"惰性力"を発揮。
(後半)ダラダラと脚を使う形よりも、それなりにメリハリがつく形でこそ
…という雰囲気だが、その方向性での強さは間違いなさそう。先に期待。

ショウナンバッハ
そこそこの道中から→上がりをしっかりとまとめる…ということを常にやって
いる馬。斤量も軽く、展開もバッチリはまって、生涯一かも知れないチャンス
だっただけに…あまりにも惜しい2着。
弟までとは言わずとも、あと少しでも馬格があれば…。(惰性が効いたはず)

ストロングタイタン
心房細動からの休み明け、+36kgの馬体、トップハンデ。
ペース判断から徐々に下げて…というのは鞍上の好騎乗だが、元々マイナス点が
多い中で、前半は少し脚を使っている。それでも崩れないのはやはり地力。
当然これは前進!となる。

12R




日曜


1R


2R


3R


4R


5R


6R


7R


8R

エイムアンドエンド
超ハイペース。少し離れた番手から早めに追い掛けて→しっかり押し通す。地力。

9R


10R


11R

プラチナヴォイス
外から。3コーナーで少し押し上げて→直線もしっかりした脚で押し通す。
単純に格上の内容。本来は何故ここにいる?な馬。とりあえず前進。

12R

一旦しっかり落ち着いた展開だが、後半はかなり長い脚を使う形で、
全体としての水準は高い。(基本差し浮上だが)上位の力は認めたい。





0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事