2018年12月3日月曜日

2018年12月1・2日 中山ラップタイム



先週のラップタイム一覧

注目のレース&馬、雑感
※ステイヤーズSの簡単な回顧あり
土曜5R キースネリス
土曜6R レッドフレイ、グロンフォール、レオアルティメット
土曜9R (大負けしてない)みんな
日曜5R デアフルーグ

※平均ラップ横の( )内はサンプル数。少ない場合は注意が必要です。
※平均ラップの集計期間:2015~2018年

個人的な回顧用ですが、何かしらお役に立てるのであれば幸いです。


土曜


1R


2R


3R


4R


5R

キースネリス
やや落ち着いた流れではあるが、1頭で完全に後傾の展開に変換。
パフォーマンスは素直に高い。

6R

厳しい展開で、全体としての水準もかなり高いレース。
レッドフレイは、ワンテンポ遅らせた仕掛けではあるが、最後までしっかりした
脚で突き抜け。地力は当然認められる。
早仕掛けしたグロンフォールレオアルティメットも十分強い内容。

7R


8R


9R

馬場は速いが、それを考慮しても厳しい展開。全体としての水準も高い。
さすがに差し有利だが、上位の地力には一定の信頼は置けるし、好位から
ある程度粘った馬も含めて、とりあえずこの組は追い掛けたい。

10R


11R



アルバートの回避でどうなることやら?という雰囲気だったが、(速い馬場を
考えても)全体としての水準はそれなり。そしてかなりのロングスパート。
一定の持久力&持続力はしっかりと問われた。

リッジマンは、好位インを取って、そこからじっくり。勝負所から外に持ち出しつつ
→直線しっかりと押し通した内容で、持ち前の持続力を発揮。
アドマイヤエイカンは、好位から積極的に仕掛けつつの→粘り込み。1、3着馬と
比べると終始外寄りを回した格好で、それを考えれば、着差ほどの差はないはず。

12R




日曜


1R


2R


3R


4R


5R

デアフルーグ
かなり水準高い展開。最後まで全く落とさずに圧勝。強い。

6R


7R


8R


9R


10R


11R


12R






0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事