2010年11月4日木曜日

天皇賞(秋)回顧 2010


レース総括
■前半速く、道中は少し落ち着いて、上がりはしっかり加速する形
■高い持久力(&勝負所での切れ)が問われた


天皇賞秋結果
ブエナビスタ1.58.2 34.1 09-08-08
ペルーサ1.58.5 33.6 17-17-17
アーネストリー1.58.7 34.8 04-04-04
オウケンサクラ1.58.9 35.2 02-02-02
ネヴァブション1.58.9 34.7 11-10-10
シンゲン1.59.0 34.6 11-10-13

天候:曇 芝:稍重
上り4F:47.1 3F:34.9
前半1000m:59.1
12.4-11.3-11.6-11.6-12.2-12.0-12.2-11.7-11.3-11.9




レース詳細
ラップタイムを見ると、前半やや速く、4F目までがなかなかスピードの落ちない
流れで、その後の道中は形としては少し落ち着く展開になり、上がりはラスト
3F~2Fに掛けてかなり加速していく形。

今回の特徴は、まずはペースが落ち着くまで少し時間を要した、実質的な前半の
速さだと言えて、隊列もそれ程長くならなかったことで、その部分では後続でも
かなり引っ張られていて、持久力が問われるレースになった。

またその後の道中が(水準は低くないものの)落ち着く形になったこともあり、
勝負所ではかなり加速する形になっていて、その部分でスムーズにペースアップ
出来ることが重要になった。

ただ今回場合、前半の厳しさがあるので、極端な切れ味が問われたというよりも
余力の差で徐々に振るい落とされていく、サバイバル的な上がり勝負…という
印象で、ここでもしっかり地力が反映されたように思う。

脚質的には、前半の速さを受け流し、少しでも脚を溜められた差し馬の方に
向いた展開だったと言えて、そう考えると突き抜けた勝ち馬や、最後1頭違う
脚を使った2着馬はもちろん強いが、好位から残った3、4着馬も十分評価は
出来そう。

今回は、真っ先に状態が回復していく内側が伸びる馬場ということもあって、
結果をそのまま信用していいかは微妙な一面もあるのだが、全体としては展開が
スピードに偏り過ぎなかったことで、持続力よりも持久力が重視されたため、
この先、距離延長していく王道路線にはしっかりつながっていきそうな雰囲気。


各馬について
出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ブエナビスタ
持久力はもちろん高い馬なので、前半で引っ張られて道中が少し落ち着くような
展開はベストとも言えるし、勝負所で一気に加速する形ではなく、徐々にペース
アップしていく形だったこともこの馬には都合が良かった。
とにかくエリザベス女王杯、有馬記念、宝塚記念などでは、展開的に裏目を引き
続けた形で惜敗しているが、今更言うまでもなく現役最強はこの馬。
今秋は今まで獲り逃した分のタイトルを、きっちり回収していくだけの雰囲気。

ペルーサ
やや出遅れたのだから仕方ないにしても、速い前半を受け流せる後方から進め、
直線でも前が開くまでじっくり待つ形ではあったが、それでも終いを伸び切る
能力という点では相当なものを示した。
出遅れという部分もこのコンビが続く限り(個人的には)徐々に改善していくと
思うし、まだまだ馬体は緩い印象でも、これだけの持久力&持続力を発揮できる
のであれば、将来的にはやはり主役級の活躍はしてくるだろう。
もちろん短期的な視点では、タイプ的にJCはベストの舞台という雰囲気で、
ここからの前進は十分期待できる。

アーネストリー
直線にしっかり向くまで馬群の中に閉じ込められ、道中or勝負所を締めつけ
られなかったことで、結果的に上がりに傾き過ぎた展開になり、速い上がりが
期待できないこの馬には厳しいレースとなった。
それでも前半の厳しい流れを好位からしっかり残っている点は、高い持久力を
改めて示した形で、この先も適鞍では当然期待できる。
とりあえず現状ではJCよりも有馬記念…という雰囲気。

オウケンサクラ
秋華賞との単純な比較では、全く違うレベルのパフォーマンスを示していて、
その点は正直咀嚼し切れない…。
もちろん内有利の馬場に恵まれたこともあるだろうが、前半で同じような位置
取りをしていた馬のほとんどが直線で沈んでいる中、冗談でもアーネストリーと
半ばまで競り合えるというのは…やはり持久力に関しては、ある程度認めておく
必要があるのだろう。
とりあえずもう1戦見守りたい…。

ネヴァブション
持久力は間違いなく高いものを持っていて、基本的には馬場次第という馬で、
乾きつつあったとはいえ多少渋っていた馬場は向いたはず。
それでも今年の場合、この時期としては例年になく順調に来ていることは間違い
なくて、速い上がりが必要なJCはともかく、有馬記念では(馬場が渋ったり
するようなら特に)注意しておく必要がありそう。



0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事