2010年11月20日土曜日

東京スポーツ杯2歳S展望 2010


コース改修後の過去のラップタイムは以下の通り。

2009 12.8-11.4-12.0-12.2-12.7-12.7-11.4-11.2-11.8
2008 12.6-10.6-11.8-13.3-12.7-12.4-11.6-11.4-11.3
2007 13.0-10.9-11.3-11.8-12.4-12.8-12.0-11.3-11.9
2006 13.3-11.3-12.0-12.6-12.6-12.6-11.7-11.3-11.3
2005 12.7-11.2-11.8-12.2-12.6-12.4-11.6-11.0-11.4
2004 12.7-11.3-11.5-12.1-12.7-12.9-11.3-11.7-12.0
2003 12.0-11.4-12.0-12.7-12.9-12.8-11.5-11.7-11.9

過去7年の平均ラップタイム
12.73-11.16-11.77-12.41-12.66-12.66-11.59-11.37-11.66
1.48.00




傾向(過去記事の一部修正)
ラップタイムを見れば、前半はミドルペース~やや速いくらいの流れで、道中は
しっかりと緩み、ラスト3Fで一気に加速して、上がりのかなり速い形。

この時期の馬の1800m戦だけに、道中が落ち着く展開からの完全な上がり勝負
というのが相場になっていて、ほとんど勝負所での切れ&直線での持続力のみの
レースだと言っていい。

実際にコース改修後の全ての勝ち馬が、最低でも34秒台前半の上がりを使って
いるように、ここでは素直に上がりの性能の高い馬を選べば良さそう。

脚質的には、しっかりと切れ味を持った馬ならそこまでこだわる必要はないが、
この展開だけに、極端に後ろのポジションからではさすがに厳しくなるので、
やはり中団あたりまでにつけられる馬がいいだろう。


好走する条件
・勝負所での切れ&末脚の持続力があること


予想

◎マイネルラクリマ
前走では好位から進めて、道中極端には緩まない展開からでも、加速もまずまず
スムーズなものを発揮していて、挙動は合いそう。
それよりも重賞で既に勝ち負けした馬にしては、この人気は本当に不思議。

○ビップセレブアイ
新馬戦では、決め手はもちろん評価できるが、道中の方も持久力の高さが垣間
見えるような走りをしていて、今回もう少し引っ張られる展開になっても十分
対応はしてきそう。

▲セイカプリコーン
前々走では道中も極端には緩まない流れから、まずまずの上がりを示していて、
単純に1800mでのパフォーマンスではこれが1番。
ここではもう少し決め手が必要だが、上位に残る可能性は十分ありそう。

注サダムパテック
新馬戦では決め手を発揮しているし、前走ではなかなかの地力示している。
その両方とも上がりがまだまだ伸びそうな内容で、距離延長のここでも好走の
可能性は十分ありそう。

△サトノペガサス
2戦とも道中&上がりはやや物足りない印象ではあるが、パフォーマンス的には
かなり安定した内容を示していて、確実に浮上する雰囲気を醸し出している。
スタミナ的な要素では推せる。






0 件のコメント:

コメントを投稿

※匿名も選択できる仕様ですが「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事