2020年3月25日水曜日

スプリングステークス回顧(ラップ分析)2020


まとめ
  • かなりゆったりとした流れから→上がりの速い展開。
  • 切れが問われた。

スプリングS結果

ガロアクリーク1.49.8 33.8 05-06-07-04
ヴェルトライゼンデ1.50.0 34.2 05-05-04-04
サクセッション1.50.3 34.1 07-07-08-04
ファルコニア1.50.3 34.7 10-08-02-03
アオイクレアトール1.50.4 34.9 01-01-01-01

天候:晴 芝:良
上り4F:46.6 3F:34.3
前半1000m:63.2
12.8-12.1-12.6-13.0-12.7-12.3-11.8-11.1-11.4




レースラップ分析&雑感

ラップタイムを見ると、前半からゆったりとした流れになって、道中もしっかり
緩んだ展開。後半は徐々にペースアップ&勝負所で大きく加速して、上がりは
かなり速くなった。

同舞台フラワーCとは対照的に、こちらは超のつくスロー。極端に後傾の展開に
なって、上がり3Fは過去最速を記録。

1週前の金鯱賞と同じく、道中からペースアップし続ける展開…という部分で、
息の入らない馬は淘汰された(一定の持久力は反映された)側面も一応あるとは
思うが、何はともあれ"切れ"というレースだった。

脚質的には、はっきりとした上がり勝負の中で、前は溜め過ぎての→切れ負け。
むしろ中団からの馬が浮上した格好で、位置取りよりも性能が物を言った印象。

この先に向けては、さすがに高い評価にはしづらいが、結果的に一定の地力を
示している馬が上位に浮上したので、結局はそれなりにつながっていきそう。
とりあえずは、性能面での1つの裏付けとして、今後扱っていきたい。


各馬について

出走各馬の詳細&次戦に向けての考察

ガロアクリーク
新馬戦&今回という、極端な上がり勝負で2勝。
(基本的に持続力に特化している)キンシャサノキセキ産駒らしからぬタイプと
言えそうで、まずはその点、個人的にしっかりイメージを更新しておきたい。
となると、逆に皐月賞への適性がどうか?だが、水仙賞の持続力勝負でも一応
そこそこは出来ていて、今回との合わせ技で何とかなるのかも……………微妙。
その点はもう少し悩みたいが、むしろその先、直長コースで前進する可能性は
あるのかも知れない。じっくり観察してみたい馬。




0 件のコメント:

コメントを投稿

※「名前/URL」にて何かしら記名をして頂けると嬉しく思います。

関連記事